ダイバージェンスとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXには「ダイバージェンス」と呼ばれるテクニカル分析方法があります。

 

おそらく「ダイバージェンス」このような言葉を聞いたことがある方は、

あまりいないのではないでしょうか?

 

ダイバージェンスは、日本語で「逆行現象」と言います。

 

ダイバージェンスは、

FX以外でも使われることもある言葉です。

なおかつFXでは、とても重要なテクニカルですので、

ぜひ覚えておきましょう。

 

 

では、ダイバージェンスについて説明します。

 

ダイバージェンスとは、

 ・上昇トレンドのときは、レートが上昇しているにもかかわらず、オシレーターが下降している

 ・下降トレンドのときは、レートが下降しているにもかかわらず、オシレーターが上昇している

このような状態をダイバージェンス(逆行現象)と言います。

 

 

そして、オシレーターですが、

RSIを使用します。

 

特に指定はないのですが、

RSIがわかりやすく使いやすいためRSIをお勧めします。

 

RSIについてはこちら

 

RSIの期間の設定は、

私は(9)を使用していますが、

(14)でも構いません。

 

そこは、両方試してみて好きな方を設定してくれればいいですし、

新しく自分の期間を見つけ出してくれても構いません。

 

 

FXは自由です。

 

だめなものはだめですが、

基本的には自由なのです。

その自由を楽しみましょう。

 

 

では、ダイバージェンスの説明に戻ります。

こちらの画像をご覧ください。

eurjpyh1解消

青線で引かれている部分が、

ダイバージェンスが、起こっている部分になります。

 

レートが上昇しているのに、RSIが下降している

レートが下降しているのに、RSIが上昇している

このような状態がダイバージェンスになります。

 

そして、ダイバージェンスには条件があります。

RSIの始めの値が、

上昇トレンドならば、70以上

下降トレンドならば 、30以下

このようになっているのが、条件になります。

 

 

そして、レートとは反対方向にRSIが、

逆行していることが、条件になります。

 

 

画像を確認してもらえるとわかるのですが、

ダイバージェンスの始まりの部分が、

70以上または30以下になっているのが、

わかりますでしょうか?

 

 

私は、7030をわかりやすくするために、

RSIに線を引いています。

 

RSIには、基本的に線が引いてあるのですが、

線が引いていない方は、設定などで線を引くことができますので、

引くことをお勧めします。

 

もしも「線が引けない」と言う方はそんなチャートを使うのは、

もうやめましょうw

 

 

そして、このダイバージェンスが起こるとトレンドが、

「転換するかもしれない」と言う事です。

 

確実に転換すると言う訳ではないのですが、

おそらく近いうちに転換するだろうと言う事が判断できます。

 

ダイバージェンスが起こったのならば、エントリーを控えたり、

ポジションを利食いしたりしてリスクを回避できます。

 

 

ぜひみなさんもこのRSIのダイバージェンスを使って

トレードに役立ててみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク