ダイバージェンスの使い方(解消)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイバージェンスの具体的な説明をする前に、

まずは、ダイバージェンスについて理解しなければなりません。

 

ダイバージェンスとは、

レートとオシレーターの逆行現象です。

 

 ・レートが上昇しているにもかかわらずオシレーターが下降している

 ・レートが下降しているにもかかわらずオシレーターが上昇している

 

このような状態をダイバージェンスといいます。

 

ダイバージェンスについて詳しくはこちら

 

ダイバージェンスが起こると、トレンドが”終局の場面”を迎える目安とされています。

簡単に説明しますと「トレンド転換」が近いと考えられます。

 

 

トレンド転換が近いということは、

エントリーをするのを控えたほうがいいですし、

ポジションを保有しているのならば、利益確定を検討することもできます。

 

ダイバージェンスによって、

リスク回避ができるのです。

 

しかし、ダイバージェンスで注意しなければならないことがあります。

「ダイバージェンスが起こったからといって必ずしもトレンドが終わる」というわけでは、

ありません。

 

そこを”特に”注意しなければいけません。

 

あくまでも目安として考えていただきたいです。

 

 

そして、ダイバージェンスを使う際に覚えていただきたいのは、

ダイバージェンスの解消(かいしょう)になります。

 

ダイバージェンスの解消とは、

ダイバージェンスがなくなるということです。

 

 

ダイバージェンスが解消されると、

トレンドの転換の目安がなくなるということです。

 

 

ダイバージェンスの解消の条件は、

オシレーターが最初の値より、

 ・上昇トレンドの場合は上がりますとダイバージェンスの解消

 ・下降トレンドの場合は、下がりますとダイバージェンスの解消

このようなことになります。

 

 

こちらの画像をご覧ください。

eurjpyh1解消

このように青線の部分でダイバージェンスが起きています。

 

ダイバージェンスはレートが上がっている際にRSIが下がります。

 

青線の部分はダイバージェンスが起こっているのですが、

ダイバージェンスの始まるRSIの値の部分に赤線が引いてありますが、

その線よりも青線が終わったところでRSIが上がっているのがわかります。

 

 

 

このようにダイバージェンスが起こっていても、

RSIのダイバージェンスが始まるきっかけの価格よりも”現在の価格”が上がってしまったら、

”ダイバージェンスの解消”となります。

 

下降トレンドの場合はこの逆になります。

 

 

このようにダイバージェンスが解消してしまうのですが、

「解消したから」と言ってもトレンドが転換しないわけでもありません。

 

そして、この先トレンドが継続するわけでもありませんので、

トレードする際には、注意しなければいけません。

 

 

ダイバージェンスやダイバージェンスの解消は、

100%ではありません。

 

このことはほかのテクニカル指標にもいえることなのですが、

やはりローソク足の動きを見てトレードしなければなりません。

 

このようにあくまでもトレードの”目安”としてダイバージェンスや、

ダイバージェンスの解消を使っていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク