ダブルトップ・ダブルボトムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXでは、トレンド転換のときに同じパターンでトレンドが転換する場合があります。

そのパターンを理解していれば、そのパターンになったときに、

理解しているのと理解していないのでは、

その後の対処が断然変わってきます。

 

 

FXは人間が動かしているためその心理がそのように人間を動かすつまりレートを動かします。

 

そして、同じパターンが発生すると多くのトレーダーが、

そのパターンでトレードするので、

このような同じパターンが発生する確率が多くなります。

 

 

今回は、ダブルトップとダブルボトムを説明していきます。

 

ダブルトップは上昇トレンドが終わって下降トレンドに変わるときに発生します。

まず2つの山ができます。

その形が、アルファベットのMのような形になるのが、

ダブルトップの特徴になります。

ダブルトップ

このような形がダブルトップになります。

2回高値更新をトライして、レジスタンスに跳ね返されています。

このように2回もトライして高値を更新できないと、

レジスタンスは「固く上昇は重い」と考えられます。

 

そうするとどうでしょう。

ショートするトレーダーが増えます。

ショートするトレーダーが増えると下落してしまう

確率が高くなります。

 

 

2つの山の間の谷の部分のサポートラインのことをネックラインと呼びます。

このネックラインを割るとロングのポジションを持っていたトレーダーが損切りするので、

下落が加速します。

 

 

 

次はダブルボトムの説明をします。

ダブルトップが上昇トレンドからの下降トレンドでしたが、

ダブルボトムは下降トレンドからの上昇トレンドになります。

簡単に言ってしまうと、ダブルトップの逆バージョンになります。

 

 

ちょっとこんがらがってしまった人もいると思いますが、

ややこしいだけなので、深呼吸をしてゆっくり読んでゆっくり理解してください。

焦る必要はありませんからのんびり覚えましょう。

 

こちらがダブルボトムです。

ダブルボトム

考え方はダブルトップと同じになります。

2回安値更新にトライして、更新できませんでした。

そうすると「安値更新は難しいかな?」と、考えるトレーダーがロングします。

 

そして、1つの山の高値のネックラインを割りますと、

ショートのポジションを持っていたトレーダーが、

損切りをするために上昇が加速するというわけです。

 

 

上記がダブルボトムの説明になります。

 

 

 

そしてダブルトップダブルボトムのトレンドが変わったときの、

期待値つまりどのくらいの利益が見込めるか説明します。

 

ダブルトップ

2つの山の高値から1つの谷のネックラインまでの幅

 

ダブルボトム

2つの谷の安値から1つの山のネックラインまでの幅

 

このネックラインまでの幅が、

ダブルトップダブルボトムを形成したのであれば、

同じくらいの上昇または下降が見込めます。

 

 

 

このダブルトップダブルボトムを意識してチャートを見てみてください。

今までとは変わった味方になると思います。

 

・高値更新はできそうもないな

 ・安値更新ができそうもないな

 

そのような考え方をしていますと、

みなさんの心理も世界中のトレーダーの心理に近づいてきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク