消費者物価指数(CPI)とは

消費者物価資指数(CPI)とは、

まず消費者物価指数を英語で言いますと、

Consumer Price Index”

このようになります。

 

英語の頭文字をとって「CPI」と呼ばれます。

ですから、CPIとアルファベットで表示してあるのならば、

消費者物価指数のことですので、覚えておいてください。

 

 

そして消費者物価指数は、

消費者が購入する商品やサービスの価格の動きを総合的に数値化したものです。

ですからこの指標の結果がどのくらい変化したかで、

経済状況がインフレなのかデフレなのかがわかる指標になっています。

 

消費者物価指数は、

生鮮食品の価格は天候などの条件によって変わってしまうために、

生鮮食品を除いた指数が使われます。

その指数のことを”コア指数”といいます。

 

 

またエネルギーの価格が変動してしまうと、コア指数に影響を与えてしまうので、

食料とエネルギーを除いた指数を”コアコア指数”と言います。

世界的には食料とエネルギーを除いた指数を”コア指数”となっています。

 

 

このようにわかりにくい表現をしている国は日本だけなので、

世界基準にしてほしいです。

 

 

 

コアコアってw

 

 

 

そして、FXをやっているからという意味ではなく、

インフレなのかデフレなのかがわかりますし、

私たちの生活水準を示す指標でもあります。

ですから消費者物価指数は「経済の体温計」などとも呼ばれています。

 

 

 

 

 

経済指標というのはFXのためにあるわけではありません。

このような経済指標がわかれば今現在の経済の状況がわかります。

そう考えると経済指標って面白いですよね。

 

このような経済指標に興味が出てくれば、

FXも相乗効果で費用対効果が増してくるかもしれません。

 

そうすればFXの成長も早いと思います。

 

 

そしてこの消費者物価指数は、

各国の中央銀行が政策金利を決定するための材料になっているとも言われています。

 

 

政策金利の材料になると言うことは、

特にスワップを狙うトレーダーには、

「関係がない」とは言えない指標発表です。

 

 

私たち日本は低金利なので、

そこまで消費者物価指数は注目されません。

ですがそれでも私たちの母国です。

私たちぐらいは注目してあげましょうw

 

 

 

やはり高金利の国の消費者物価指数は、

注目を集めます。

高金利通貨の国を詳しく書いてありますので、よかったら見てください。

オーストラリアニュージーランド南アフリカ

 

 

 

また消費者物価指数(CPI)が、

予想よりも上回っていれば金利の引き上げの可能性がでてきますし、

予想よりも下回っていれば金利の引き下げの可能性がでてきます。

 

 

 

消費者物価指数(CPI)の特徴

 

注目度  高い

発表国  各国

発表日  毎月中旬

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

失業率(雇用統計)とは

ISM製造業景況指数とは

GDP(国内総生産)とは

消費者物価指数(HICP)とは

IFO景況感指数とは

生産者物価指数(PPI)とは