テクニカル指標入門

最強の移動平均線20EMAの設定方法と見方とトレード方法

pixta_5324670_M

みなさんは移動平均線を使っていると思いますが、

どの移動平均線を使っていますでしょうか?

 

移動平均線には以下の種類があります。

 

 ・単純移動平均線(SMA)

 ・加重移動平均線(WMA)

 ・指数平滑移動平均線(EMA)

 

そして私がおすすめする移動平均線は、

EMAになります。

 

ではなぜEMAをお勧めするのかを説明します。

 

EMA(Exponential Moving Average)は、

単純移動平均線より直近の価格を重要視する移動平均線になります。

トレンド系のテクニカル指標になります。

 

例えば、20日間のEMAであれば、

20日前の価格よりも直近の日にちの価格を重視していることにより、

単純移動平均線の弱点であった、

反応の遅さを改善した移動平均線になります。

 

 

この20EMAは世界でとても人気の高いテクニカル指標ですし、

ほとんどのトレーダーが利用しています。

 

ですから、みなさんにも使っていただきたいですし、

覚えていただきたいのです。

 

 

相場は生き物のように動きます。

 

ですから、過去の価格を重視するよりも、

直近の価格の動きを重視することによって、

相場の動きを一早くとらえられるのです。

 

 

FXの相場はリアルタイムで動いており、

そして、私たちはそのリアルタイムでトレードしなければなりません。

 

単純移動平均線では遅いのです。

 

私たちは相場の未来を見なければなりません。

 

 

そのためには反応が早い移動平均線つまり、

EMA(指数平滑移動平均線)を見なければならないのです。

 

 

 

では指数平滑移動平均線の数値をどのくらいにしたらいいのかと説明します。

 

”20””21”にしてください。

なぜ「20か21」なのかと言いますと、

1カ月の市場が開いている日が20か21日になるからになります。

 

ですから、この「20と21」という数字は世界中のトレーダーが使用しており、

より多くの市場参加者が、意識している移動平均線になります。

 

ちなみに私は”20”に設定しています。

ですから好きなほうを設定してもらえればいいです。

 

もちもん日足だけでなく1時間足でも期間の設定は”20”で構いません。

 

 

そして、SMAとEMAの違いは、

言葉で説明してもわかりづらいと思われますので、

わかりやすくするために以下の画像に数値をそれぞれ”20”に設定した、

EMAとEMAを表示しています。

20emasma

上記のチャートに表示してある2本の線がSMAとEMAになります。

 

どちらがどちらかわかりますでしょうか?

 

青い線が20EMAになり、

赤い線が20SMAになります。

 

一番の違いがトレンド転換してからの反応の早さになります。

 

よく見ていただければわかると思いますが、

青い線の”20EMA”のほうが反応が早いのがわかるかと思います。

 

 

 

そして、肝心の20EMAの使い方は以下になります。

 

 ・20EMAが、上を向いていれば上昇トレンド

 ・20EMAが、下を向いていれば下降トレンド

 ・20EMAが、横ばいならレンジ相場

 

このように20EMAを使うことによって、

トレンドとレンジ相場を判断できます。

 

 

トレンドフォローでトレードするためには、

トレンドとレンジ相場の判断をしなければなりません。

 

トレンドがなければトレンドフォローでトレードできないのです。

 

20EMAならばレンジ相場のときに、

線が横ばいになりますし、

価格が上下に動いています。

 

わかりやすくするためにその部分だけを拡大して見てみましょう。

20

 

このように青い線の”20EMA”は横ばいになり、

価格を横切っているためにレンジ相場だということが簡単にわかります。

 

しかし、赤い線の20SMAでは、

レンジ相場だということがわかりにくいですし、

リアルタイムで動いている場合は、

なおさらトレンド相場なのかレンジ相場なのかがわかりません。

 

 

このように”20EMA”は、視覚的にもわかりやすいですし、

初心者の方にも使いやすいテクニカル指標になります。

 

 

そして、この20EMAを使っていろいろな通貨を見ていただき、

トレンドが発生していてトレードできるかを判断していただきたいです。

 

 

そして、20EMAのほかにとダウ理論グランビルの法則を覚えていただければ、

トレードする際の基礎的な部分は、ほとんど理解できてしまうでしょう。

 

 

ぜひ上記のことを理解してトレードしていただきたいですし、

あなたのトレードの成果につなげていただきたいです。

最強の平均足スムーズドとは

pixta_2344096_S

FXでトレードするためにテクニカル指標というものがあるのですが、

その中に”平均足”というテクニカル指標があります。

 

平均足がわからない方はこちら

 

平均足のいい所を残し、

悪い所を改善した平均足があるので説明します。

 

 

「平均足Smoothed(スムーズド)」です。

 

 

この平均足スムーズドと平均足の違いは、

 

 平均足より反応が遅いため信ぴょう性が高い

 ・ローソク足と重ならないため、チャートが見やすい

 ・上昇トレンドか下降トレンドの区別がつきやすい

 

 

このようなことになるのですが、

言葉で言っても違いがあまり伝わらないかもしれませんので、

画像で比較してみましょう。

 

 

まずこちらが平均足になります。

usdjpyh1heikinn

 

 

そしてこちらが平均足スムーズドになります。

usdjpyh1sumu

 

平均足と平均足スムーズドを比べて違いがわかりましたでしょうか?

平均足スムーズドのほうがわかりやすいと感じませんか?

 

移動平均線のように、表示してあり、

視覚的にも、とてもわかりやすいです。

 

 

上昇トレンドならば青

下降トレンドならば赤

 

このように見分けがものすごく簡単です。

 

 

この「色でトレンドが表示してある」ところに注目してほしいのですが、

 

 ・長い足が青色の時は短い足も青色でしかロングしない

 ・長い足が赤色の時は短い足も赤色でしかショートしない

 

このようにフィルターを手法にかけることによってリスクを減らせてしまいます。

 

 

フィルターとは、

テクニカル指標などを多く使えば信ぴょう性を増しますが、

エントリーのサインの出る頻度が少なくなります。

反対にテクニカルなどが、

少なければ少ないほど信ぴょう性はなくなりますが、

エントリーのサインが出る頻度は増します。

 

フィルターをかけるというのは、

このように信ぴょう性を上げるために、

多くのテクニカルを使ったりすることを言います。

 

 

 

 

ですから、そのフィルターのかけ具合や、エントリーのサインの頻度は、

自分の生活スタイルやトレードスタイルに合わせて

自分自身の最適なフィルターの具合を発見しなければなりません。

 

自分はのんびりトレードがしたいのに、

「こんなにトレード回数が多いと疲れてしまう」と言う方もいるかもしれません。

 

逆に自分は、ガンガントレードしたいのに、

「こんなにトレード回数が少ない」と待ちきれずに、

「サインとは関係ない所でトレードしてしまう」なんて方もいるかもしれません。

 

 

ですから、あなたにあったトレードスタイルを自分自身で探してください。

自分自身で生み出したトレード手法こそ、

あなたの最大の武器になります。

 

 

そして、この平均足スムーズドは、

色でわかりやすくトレンドを判断してくれているので、

初心者の方はもちろんのほか、まだあまり成績を残せていない方は、

わかりやすくシンプルなのでぜひ使ってみてください。

テクニカル分析とは

pixta_5870149_S

FXでトレードするうえで分析と言うのは必ずしなくてはいけません。

分析なしてトレードして勝てるのならば、

誰も苦労はしません。

 

 

最初はいろいろと勉強ばかりかもしれませんが、

頑張って勉強しましょう。

 

厳しいことを言うようですが、勉強しなければ勝つことはできません。

あなたがFXを始めた理由をよく思い出してください。

 

 

 

 ・誰かを見返してやりたい

 ・こんな自由のない人生はいやだ、もっと好きなことをして生きたい

 ・迷惑をかけた親をFXで稼いだお金で楽をさせてやりたい

 ・好きなあの子をお金の力で振り向かせたい

などなど・・・・・・

 

人それぞれさまざまな理由があるかと思います。

その想いをFXつまり勉強にぶつけてください。

 

 

でなければ変わることなんてできませんし、

未来を切り開くこともできません。

 

 

確かに、FXというのは、

一見楽にお金を稼いでいるイメージがあるかもしれませんが、

実際は泣きそうになりながらも頭をフル回転で使用して考えて、

それでもだめで、また考えて、でもまただめで、

これを繰り返し悔しい思いを何回もしながら成長していくのです。

そしてようやく結果がついてくるのです。

 

ですから、みなさんもFXを始めた理由を思いだし、

その想いを勉強にぶつけていきましょう。

 

 

 

この想いがなければ頑張ることは、できませんし、

継続することもできません。

軽い気持ちでやるから真剣になれないのです。

本気になりましょう。

 

 

 

 

頑張ればきっと変わることができると信じましょう。

そうでもしないとやっていけませんよねw

 

 

 

ではついつい熱くなってしまいましたが、本題に入ります。

FXの分析にはテクニカル分析ファンダメンタル分析があります。

今回はテクニカル分析を説明していきます。

 

 

テクニカル分析とは、

チャートの動きなどからこれからの相場がどのような確率で、

どのように動くのかを分析することです。

 

 

テクニカル分析はチャートだけをみて分析するのですが、

ここでものすごく重要な事を言っておきますが、

このテクニカル分析が、

FXで相場を分析する割合が9割です。

 

ファンダメンタル分析は、残り1割になります。

 

これは、プロの専業トレーダーがほぼこの割合でトレードしています。

ですからこの割合を意識してトレードしてください。

 

とても大事なので、もう一回いいますが、

テクニカル分析が、9割です。

 

トレードはファンダメンタルで起こっているんじゃない

チャート(テクニカル分析)で起こってるんだ!

・・・・・・

 

 

以上ですw

 

 

 

そしてテクニカル分析には

テクニカル指標と言うチャートに表示して分析するものがあります。

これはものすごく数があります。

代表的なものを私のサイトにもまとめてありますので、

ぜひご覧になってください。

 

 

この代表的なのを覚えてしまえば、

他のテクニカル指標は覚えたいのだけ覚えていただけたらいいです。

 

テクニカル指標は正直言ってほぼ使い物にはなりませんが、

使えるテクニカル指標もあります。

テクニカル指標は代表的なものは

FXをやるほとんどの方が覚えていることなので、

覚えたくないと言う方も頑張って覚えましょう。

 

 

 

 

またテクニカル分析は、

さまざまな理論や考え方、方法などがあります。

こちらも私のサイトにまとめてありますので

ぜひご覧になってください。

 

 

ここで勉強しわからないことはWEBで検索という方法を

取っていただければインターネット利用料だけで済んでしまうので

買っても意味のない初心者を対象にした本に

余計なお金を使わなくて済みます。

 

別に買っても問題はありませんので、

ぜひ勉強するなら本の方がいいと言う方は、

両方使っていただければ効率がいいかと思われます。

パラボリックとは

099

メタボリックとは、正式名称が

メタボリックシンドロームといいます。

メタボと略されて言われることもあります・・・・・・

 

 

 

 

間違えましたw

 

 

パラボリックですよねw

 

 

パラボリックとは、

RSIやADX・DMIを考案したワイルダーという人が考えたテクニカル指標になります。

しかしワイルダーという人は、すごいですよね。

どれだけこの人は頭がいいのでしょうか。

 

RSIについてはこちら

 

ADXについてはこちら

 

DMIについてはこちら

 

 

その頭の良さを分けてほしいですw

私たちは、当然のごとくテクニカルをしようしていますが、

このような偉人たちのおかげだということを改めて認識されます。

 

 

このような偉人たちの功績がなければ今現在のFXの進歩は、なかったと思います。

感謝しなければいけませんね。

 

パラボリックとは、トレンドの下に表示されるテクニカル指標です。

このようにトレンドの下または上に表示されます。

usdjpydailyparabori

本来なら上昇トレンドと下降トレンドで色が違うはずなのですが、

同じ色ですので見にくいかもしれませんがご了承ください。

 

 

RSIなどのテクニカルとはまた違ったテクニカルになります。

違ってくれないと困りますけれどねw

 

 

 

パラボリックは、放物線という意味なのですが、

ローソク足上のSAR(Stop And Reverse)

ストップアンドリバースと読むのですが、

日本語でドテンという意味です。

 

 

ドテンとは、損切りになった後すぐに反対方向でエントリーすることです。

損切りになったということは、相場の方向性がわかったということなので、

反対にポジションを持てば確率的にいいというわけです。

 

チャート上に表示している点線がSARになります。

ですからパラボリックとは、ドテンをするのに使うテクニカル指標なのです。

 

 

ではパラボリックでドテンができることがわかりましたが、

どのように使えばいいかを説明していきます。

 

 

 ・レートがパラボリックより上にあれば上昇トレンド

 ・レートがパラボリックより下にあれば下降トレンド

 

このようになります。

 

トレンド判断がこれでできてしまいます。

 

 

そしてドテンの方法ですが、とても簡単です。

上昇トレンドならばパラボリックよりローソク足が下に突破すればショートのシグナル

下降トレンドならばパラボリックよりローソク足が上に突破すればロングのシグナル

となります。

 

 

とても簡単ですよね。

 

 

ですが、パラボリックは強いトレンドが発生している状態で有効なテクニカルです。

ですからレンジ相場ではあまり機能しないテクニカル指標になりますし、

レンジ相場かトレンドかを見極めなければなりません。

 

 

そしてこのパラボリックを考案したワイルダー氏によると、

ADXを使いトレンドが確認できる場面での使用が有効だと言っています。

 

 

みなさんもパラボリックを取り入れてトレードしていきましょう。

ですが、パラボリックだけに頼ってはいけません。

自分で相場を見極める力を付けてください。

 

相場の流れや本質がわかってくれば、

みなさんもパラボリックなんかを使わなくてもドテンができるようになりますよ。

ですからがんばっていきましょう。

レートの異常を見極める移動平均線乖離率のわかりやすい解説

pixta_1838380_S

移動平均線乖離率(かいりりつ)いきなり難しい漢字ですよね。

この乖離率(かいりりつ)というのは、

簡単に言うと移動平均線からレートがどのくらい離れているかということを、

数字で表してくれるテクニカルになります。

 

移動平均線とは、レートが大きく離れたらその後次第に近づいていきます。

そして近づいた後にはレートから離れるといった性質があります。

離れすぎたレートはいずれ平均に戻ります。

異常事態というのはそんなに長くは続きません。

大きく移動平均線と離れたレートはそのまま離れていくよりも、

平均に戻ることが多いです。

 

 

この性質をトレードに利用するのです。

まず使い方としてはまず乖離率の設定は一般的に25という数字が多いようですが、

20という数字に設定してみてください。

 

別に決まりはないので、好きな数字を試してみてください。

あくまでもお勧めの数字が20という数字になります。

そして、基準となる移動平均線も選べる場合がありますので、

選べるとしたらEMAに変更しましょう。

 

 

そうしたら20EMAの乖離率が出来上がると思います。

できる人はこの設定でやってみてください。

 

20EMAは、最強の移動平均線です。

なぜなら20EMAは多くトレーダーが見ている移動平均線になります。

 

 

20EMAについてはこちら

 

 

ですから、乖離率も多くの人が見ている移動平均線を元にしたほうがいいです。

そうすればその乖離率は多くの人が意識していると考えられます。

 

 

そしてこれをトレードするときにどのように考えるかといいますと、

 

ある程度の乖離が起こったとします。

そうしたら20EMAに戻るであろうと考えます。

ここで逆張りをするというのが一般的な考えなのですが、

この逆張りは、おすすめできません。

 

ロングでたとえるとするならば20EMAは斜め上を向いており

上昇トレンドだということが考えられます。

 

そしてレートが急激に上昇して今現在の価格になっているとします。

ここで確かに20EMAにもどると考えるのですが、

あくまでもトレンドは上昇トレンドになります。

 

そこを逆張りでショートするのは、リスクが高いトレードになります。

乖離率によるのですが、とりあえず勝てていない人は、この逆張りはしないようにしてください。

 

ですからこの場合、乖離率は利益確定に使うことをお勧めします。

 

ロングのポジションを持っているとして急激にレートが上昇しました。

そうしたら20EMAとレートが大きく離れています。

そこで20EMAに戻ると考えられるので利益確定します。

 

この利益確定の方法はお勧めです。

急激に自分のポジションと同じ方向にレートが進んだのならば、

欲を出さずにスパッと利益確定するのが、結局トータルで勝てますし、

ストレスも少なくてすみます。

 

 

そして20EMAとレートが離れている場合は、

いくらトレンドに沿った順張りのトレードだとしても、

乖離率があるのであればエントリーするのは、

回避しましょう。

 

戻ってきてからエントリーしたほうが得ですし乖離しているところでエントリーするよりも安全です。

このように危機回避もできます。

 

 

ですから移動平均線乖離率は、とても便利なテクニカルになります。

ぜひみなさんも取り入れてみてください。