初心者入門

利益を確保しながら利食いを自動的に行うトレール注文とは

businesswoman holding board with graph

FXの注文方法には、

「トレール注文」と言うものがあります。

トレールストップ注文とも呼ばれます。

 

トレール注文のトレールとは、

「追いかける」と言う意味です。

 

 

トレール注文を簡単に説明しますと、

レートを追いかけながら注文が移動していくので、

レートが上昇すれば、トレール注文も上昇します。

 

その結果レートが下がったときに決済注文で決済され、

利食いや損切りになるのです。

 

 

わかりやすく説明するためにこちらの図をごらんください。

トレール注文

まず、赤い☆の部分でロングします。

そして、トレール注文を行うのですが、

トレール注文ができる業者とできない業者があるので、

あらかじめ確認していただきたいです。

 

ポジションを保有した後とは、

例えば今回は、1円の値幅でトレール注文を出すとします。

 

レートが上がればトレール注文も上がります。

レートとトレール注文との値幅は、

設定した価格になります。

 

そして、トレール注文は、

レートが上がれば上がりますが、

レートが下がったとしても下がらないのです。

 

ですから、そのままトレンドが上昇し続ければ、

トレール注文は、決済することなく追跡します。

 

しかし、トレンドが終わりレートが下がり始めると、

トレール注文は動かないので、

そのレートで決済されるのです。

図の青○の部分になります。

 

 

次にショートの場合を説明します。

トレール注文ショート

まず、赤い☆の部分でショートします。

そして、トレール注文を行います。

 

ポジションを保有した後は、

今回も、1円の値幅でトレール注文を出すとします。

 

レートが下がれば、トレール注文も下がります。

レートとトレール注文との値幅は、

こちらも設定した価格になります。

 

そして、ロングと同様にショートも、

レートが下がれば下がりますが、

レートが上がったとしても上がらないのです。

 

ですから、そのままトレンドが下降し続ければ、

トレール注文は、決済することなく追跡します。

 

しかし、トレンドが終わりレートが上がり始めると、

トレール注文は動かないので、

そのレートで決済されるのです。

図の青○の部分になります。

 

 

 

このような注文方法を、トレール注文といいます。

 

 

では、一体どのようなときに、

このトレール注文をだすのかを説明します。

 

トレール注文は、

「利益を伸ばせるだけ伸ばしたいとき」

このような理由でトレール注文を出します。

 

 

しかし、トレール注文を出したからと言って、

そう簡単にトレンドが続いてくれるものではありません。

 

「トレール注文を行ったから」と言っても必ず利益が伸びるわけでもありません。

 

ときには、トレール注文を行わずに

ある程度自分で利益が出たら決済してしまうほうが、

利益が多いこともありますので使う際には注意してください。

軽い気持ちでFXをしてはいけない

plasma ball

私は、よく勝てていない方や初心者の方の多くに感じる違和感があります。

 

その違和感とは、

「軽い気持ちでFXをやりすぎている」のです。

 

その部分に私は、

ものすごい違和感を覚えます。

 

 

なぜ自分の大切なお金をそこまで簡単な気持ちで、

扱えるのでしょうか?

 

簡単な気持ちで扱っているにもかかわらず、

損失を出してしまったときになぜ後悔するのでしょうか?

 

後悔するのならば、

簡単な気持ちでFXをしなければいいのではないでしょうか?

 

 

勝てていない方、初心者の方は、

簡単に考えすぎています。

 

 

そして、何も努力をしようとしないのです。

 

 

みなさんは、ゲームや趣味などときは、

本気になって時間を忘れるくらい熱中しませんでしたか?

 

FXもこのようなことと同じなのです。

 

 

ですがFXとなると、

同じことなのにできないのです。

努力をしようとしないのです。

 

 

とても大事なことなので、

繰り返し言いますが、

簡単にFXをやりすぎています。

 

FXをやる姿勢が、はっきり言って薄っぺらいのです。

 

厳しいことをあえて言っています。

このことを1人でも多く気づいてほしいですし、

1人でも多くFXで勝って欲しいのです。

 

他人の私がこんなことを言っても、

信じられないかもしれません。

ひとごとだと思われるかもしれません。

 

ですが、私はどんなふうに思われても構いません。

 

みなさんが、変われるのならば、

変わろうとすることができるのならば、

私はどんな批判を受けても構いません。

 

ですから、FXに対して本気になってください。

 

 

私は、FXに寝ているとき以外使ってきたと思います。

最初の頃は、特に勉強ばかりの毎日でした。

 

寝る間も惜しんでFXに時間を使ってきました。

当然寝る時間も極力削っていましたし、

昼間の仕事は、寝不足で仕事にならないときもありました。

 

しかし私は、

昼間の仕事に絶望していましたし、

何も期待していませんでした。

 

「クビになったらそれはそれでしょうがない」と思っていました。

 

 

そして、勝てていない方のよく多い言いわけが、

「時間がないまたは、忙しい」です。

 

私から言わしてもらえば、

そんなことは言いわけでしかありません。

 

本当に時間がありませんか?

本当に忙しいですか?

 

よく考えてみてください。

 

人間は1日24時間しかありません。

1日24時間みなさん平等です。

 

同じ時間の中頑張っている人は、

頑張っていますし、

同じ時間の中頑張っていない人は、

頑張っていないのです。

 

 

時間は、自分自身で作るものです。

自分自身で時間を作るのです。

 

ここを多くの人が理解していません。

 

確かに本当に時間のない人もいるかもしれません。

 

 

ですが、自分にできる範囲で、

時間を作ってください。

 

 

逃げてはいけません。

 

時間がない、忙しいは、

ただ単に”言いわけ”でしかありませんよ。

システムトレードとは

pixta_6090258_S

みなさんは、FX業者のサイトなどで、

「システムトレード」

このような言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

おそらく多くの方が、

この言葉を耳にしていると思います。

 

 

システムトレードを簡単に説明しますと、

いろいろなシグナルやサインなどを組み合わせて、

自動的に売買するシステムを作り、

そのシステムを稼働させて、自動的に売買してくれるものです。

 

自動的にトレードしてくれるので、

”トレードで熱くなったりする人”などに人気があります。

 

 

そして、トレード手法の考え方は、

このようなことと似ています。

 

そのことについて説明しますと、

過去に出現したパターンはまた出現すると考えられるので、

そのようなパターンを検証しある程度の利益が出るものをシステムにして、

自動的にトレードすると言うことになります。

 

 

 

では、システムトレードについてわかったところで、

どのようなメリットがあるのかを説明します。

 

 

1.サーバーやパソコンで、設定しておいたシステムトレードが、

自動的にトレードしてくれるので、チャートを見なくて済みますし、

優良なシステムトレードならば利益が勝手に生まれているのです。

 

2.裁量トレードで、感情的になりやすい人でも、

このようにシステムトレードならば、

トレードに負けて熱くなったりしなくなります。

 

3.過去の相場のデータがあれば、

簡単に検証を行えますし、

多くの検証を行えます。

 

4.少し前は、自分で設定などをしなければなりませんでしたが、

今では”無料”で、なおかつ”大量”のシステムが提供されているので、

誰でも簡単にシステムトレードを行えます。

 

5.裁量トレードでは、メンタル面が弱い方などは、

トレードに再現性がないかもしれませんが、

システムトレードならば、完璧に再現性の高いトレードを行ってくれます。

 

 

上記が、システムトレードのメリットになります。

 

 

ここまででは、システムトレードは、

勝てていない方や初心者の方には、

素晴らしいものかもしれません。

 

 

「感情がいらないのならば、システムトレードならば勝てる」

このように思う方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、システムトレードには、

向いている人と向いていない人がいます。

 

裁量トレードができないからと言っても、

システムトレードを行っても勝てるようにならないのが、

FXであり、私たち人間なのです。

 

 

10人の人間がいるのならば、

10通りの人間がいるということになります。

 

まさしく「十人十色」になります。

 

 

全ての人ができるからと言って、

その人ができるとも限りませんし、

その人ができなかったと言っても、

あなたができないわけでもないのです。

 

 

 

私自身システムトレードは、

向いていないと感じていますし、

思い通りに勝てませんでした。

 

私も過去に、裁量トレードではすぐに熱くなってしまい、

自分のルール通りにトレードができませんでした。

 

ですから、システムトレードならば、

「勝てる」と思いましたし、

今でも口座開設をしていたときのわくわく感は、

忘れることはないでしょう。

 

 

とにかく浮かれていましたし、

まるで宝くじを当てたような感覚でした。

 

 

しかし実際は、

そう簡単にはいきませんでした。

 

 

資金量が少ないということもありましたし、

リスクを考えると、

いくつものシステムトレードを稼働できませんでしたし、

あまり利益が望めませんでした。

 

そして、その頃の私は、

損小利大の概念を自分に叩き込んでいましたし、

損切りを徹底するようにしていました。

 

なおかつシステムトレードは、

FXでは、やってはいけないと言われることをやっていたのです。

 

高勝率で、損大利小を繰り返していましたし、

自分が今取り組んでいることと正反対のことをしていたのです。

 

 

あまり利益が出ませんでしたし、

典型的なコツコツドカンで負けていたのです。

 

正直そのことにはものすごくストレスを感じていましたし、

耐えれませんでした。

 

それ以来私は、システムトレードは行っていません。

 

 

しかし、また落ち着いたらシステムトレードを行う予定ではいます。

 

 

ですから、このようにシステムトレードには、

向き不向きがありますし、

それは、実際やってみないとわかりません。

 

 

ですからみなさんも、

裁量トレードがうまくいかないというのならば、

”お試し感覚”で、大きなリスクを取らずに、

システムトレードを行ってはいかがでしょうか?

 

もしかしたらあなたには、システムトレードが合っているかもしれません。

裁量トレードをしなければならない理由

pixta_1831266_S

FXで継続的に利益を出していくには、

裁量トレードと呼ばれるトレード方法を行わなければいけません。

 

ただし、ルールを守れていることが前提になります。

 

 

ルールを守れていない方は、まずはこちらの記事からご覧になってください。

 

裁量トレードについて

 

初心者の方などで、ルールが守れていない方は”無裁量トレード”から始めてください。

トレードをしていくうえで自分のルールを守ることが絶対条件になります。

 

 

最初は何よりもルールを守ることがとても重要になるのです。

 

初心者の方や勝てていない方が裁量トレードをするには、

余計な感情が入ってしまうため、

自分のルールに沿ったトレードができない方が多いです。

 

 

例えば、自分のルール通りならば損切りしなければならないポイントで、

何の根拠もない裁量トレードによって損切りの逆指値注文を、

消してしまったりしてその結果ロスカットになってしまう可能性もあります。

 

特に初心者の方や勝てていない方には、ありがちな間違いとしてあげられます。

 

 

ですから、ルールを守ることだけに観点を置くのならば、

無裁量トレードを行っていきルールを守っていくことが、

初心者の方または勝てていない方には、絶対条件になります。

 

 

無裁量トレードは、とてもシンプルですし、

感情を入れずにルール通りにトレードをすることが、

裁量トレードに比べれば非常に簡単になのです。

 

 

 

 

しかし、ルールを守れているのならば、

トレードの無駄をなくすために、

裁量トレードをしなければなりません。

 

 

 

無裁量トレードは、機械的トレードすることによって、

シンプルなトレードが行えますが、

やはりトレードに無駄が生じてしまいます。

 

 

その無駄をなくすためには、

経験と知識を兼ね備えてなおかつルールを守ることができた、

私たちの”感”がとても重要になってきます。

 

 

 

相場は生き物です。

とても人間が、コントロールできるような生き物ではありません。

 

裁量トレードでは、

相場の些細な違和感、些細な変化を感じ取り、

無駄なあるいは危険なトレードを回避できます。

 

 

無駄なトレードを回避することによって

トレードの無駄をなくし、

その結果、トータルの利益率を上げれるのです。

 

 

 

利益率を上げれるのならば、

トータルでの利益も増えるということにもなります。

 

 

 

例えば、ボラリティが高いときは、

トレードをするのを回避するべきですし、

トレンドが発生していないレンジ相場ならば、

トレードをするのを回避できます。

 

また経済指標の結果によってはトレードを、

回避することもできます。

 

 

このように自らの経験や知識によって、

相場を判断しトレードできるのが、

裁量トレードの魅力になります。

 

 

このトレードを回避すると言うことは、

リスクを減らすことにもつながりますし、

トレードの成果につながるのです。

 

 

ですが、このように裁量トレードを、

しなければならないとと同時に、

ルールを守らなければいけませんので、

まずは、ルールを守ることを前提に考えていただきたいです。

 

 

あなたの夢を実現させるために、

ルールを守れていない方は、”無裁量トレード”を行っていただきたいですし、

そしてルールを守れている方は、裁量トレードを行っていただきたいです。

9割の人が負けているという事実

pixta_6721248_S

みなさんは、FXでどのくらいの割合の人が、

勝てていると思いますか?

 

ジャジャン

 

 

約1割です。

 

 

この事実を受け入れなければいけませんし、

改めてFXの難しさを実感される事実です。

 

 

ですが、このような疑問をもたれる方もいるのではないでしょうか?

 

「相場は大衆の方向に動くのに、なぜ1割の人しか勝てていないのか」

 

一見矛盾しているように感じるかもしれませんが、

この真実を私なりの言葉で説明します。

 

 

まず、FXの相場は確かに大衆の方向に動きます。

ですが、この大衆の部分に着目してほしいのですが、

この大衆とは資金量つまりお金です。

 

お金の量が多い方を大衆と呼んでいるのです。

 

決して、大衆を人数として捕らえてはいけません。

あくまでも資金量です。

 

ロングしている金額が、多ければ上昇トレンドになりますし、

ショートしている金額が、多ければ下降トレンドになります。

 

 

このように大衆は、お金の量が多いほうとなります。

 

 

 

ですから、大衆の考えつまり資金量が多い方にトレードをして、

負けている9割の人の考え方の逆の考え方をするということになります。

 

 

負けている人の反対の行動や考え方ここに何かを感じませんか?

 

 

簡単は話しが、負けている人の反対にポジションを持てば良いのです。

 

当時の負けている自分と言うのは、

ほかの誰でもなく自分ですし、

「今負けている自分の反対のトレードをすればいい」

このように思えたのです。

 

負けている人の特徴とは、

 ・簡単なテクニカル指標頼りのトレード

 ・何も優位性のないレンジのブレイクまたはレジスタンスやサポートラインのブレイク

 ・よくありがちな本屋サイトに書かれている内容のトレード

 

私が、言うのもあれなんですが、

FXの優良なサイトもあります。

 

その割合は、もちろん多くはありません。

 

ですが、FXで勝てていない方や初心者の方からすれば、

すべての情報が、優良と感じてしまうかもしれません。

 

そして、その本当の優良なサイトや情報よりも

薄っぺらい情報のほうが広まっているのも事実です。

 

 

 

ですから、FXで勝てていない方は、

自分のトレードの反対のこと、

反対の考えをするようにしていただきたいです。

 

 

FXは、上がるか下がるかこの2択です。

ポジションを持ち損切りと利益にそれぞれ100PIPSのところに注文を出して置けば、

長期的にはプラスマイナスゼロになります。

 

では、なぜ負けているのでしょうか?

または、負けられるのでしょうか?

 

負けられるということは、

つまり勝てるということです。

 

 

FXは、勝てるのです。

 

 

勝てるということを負けているあなたが、

証明しているのです。

 

ですから、自信を持ち必ず勝てるようになると自分自身を信じてください。

 

自分が勝てるようになることを信じることができなければ、

勝てるようになることはできません。

 

 

「FXで勝てるようになる」

 

このことを自分自身に言い聞かせていただきたいです。