しらなければ損をするFXの知識

多くの人が損大利小になってしまう原因プロスペクト理論とは

businesswoman with colorful 3d graphics

プロスペクト理論とは、行動経済学における代表的な成果として有名です。

 

ダニエル・カーネマン氏とエイモス・トベルスキー氏によって1979年に考案されました。

その後2002年にダニエル・カーネマン氏はノーベル経済学賞を受賞しています。

 

 

では、プロスペクト理論がFXとどのような関係があるのかを説明します。

 

 

あなたはトレードで、損失を出してしまったときに、

「その損失を取り返してやろう」

ついついこのように思ってしまうことがありますでしょうか?

 

そして、ついつい損大利小になってしまってはいませんでしょうか?

 

FXではこの考え方は間違った考え方なのです。

 

しかし、この間違った考え方を多くの方がしてしまいますし、

この考え方をしてしまって仕方がないのです。

 

 

ですが、私たちはこのような間違った考え方を自然にとってしまうのです。

 

 

このことを説明するためにあなたに簡単な心理テストを行ってみます。

ぜひお付き合いください。

 

では以下の2つの問いに答えてみてください。

 

・問1 あなたに以下の2つの選択肢が提示されたとします。

1.選択A:100万円が無条件で手に入る

2.選択B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない

プロスペクト

 

 

 

・問2 あなたは200万円の借金を抱えているとします。

そして、以下の2つの選択肢が提示されたとします。

1.選択A:何もせずに借金を100万円免除してもらい、借金の残金が100万円になる

2.選択B:コインを投げ、表が出たら借金を全額免除してもらえるが、裏が出たら借金の総額は変わらない

プロスペクト2

 

みなさんはこの質問にどうお答えになりましたでしょうか?

 

これから解説しますので、自分の答えと照らし合わせてみていただきたいです。

 

 

問1の解説

”問1”は、どちらを選択したとしても”期待値は100万円”になります。

 

100万円を無条件で手に入れても100万円ですし、

200万円を50%の確率で手に入られるならば1回の期待値が100万円になるからです。

(200万円を50%の確率で手に入り、50%の確率で手に入らないのならば、

この挑戦を2回行って表と裏が出たとするのならば、1回の挑戦の平均が100万円になるということ)

 プロスペクト期待値

このことから、どちらを選んだとしても100万円の期待値なので

極論を言えばどちらを選んだとしても変わらないのです。

この2つの選択肢ならばどちらを選んだとしてもいいのです。

 

しかし、多くの方が堅実性の高い”選択B”を選ぶという実験結果が出ているのです。

ちなみに私も選択Bを選びました。

 

あなたはどうでしたでしょうか?

 

 

 

問2の解説

”問2”もどちらを選択したとしても期待値は100万円になります。または-100万円になります。

おそらく多くの方が”問1”で堅実的な「選択A」を選択されたのならば、

今回も堅実的な「選択A」を選択されると考えることが予想されます。

 

しかし”問1”「選択A」を選択された多くの方が今回の”問2”では、

「選択B」を選択されているのです。

 

私は「選択A」を選びましたが、

あなたはどうでしたでしょうか?

 

 

”問1””問2”では、堅実な方ならば、

どちらも「選択Aを」選択すると予想できるのですが、

自分の状況次第でこのようにも回答が違ってしまうのです。

 

 

”問1”でリスキーな「選択B」選択をされている方が、

”問2”でもリスキーな「選択B」を選択されているのならば

多くの人がそのように予想することができますし、

納得がいくでしょう。

 

 

しかし、この質問で面白いのが、

”問1”で堅実的な選択の「選択A」を選択されている方が、

”問2”でリスキーな選択の「選択B」を選択されていると言うことです。

プロスペクト理論結果

 

このようなことからも人間は、

目の前に利益があるとその利益を失いたくない(リスク回避)と考えるのに対して、

損失をしていると損失そのものを回避しようとする傾向があるのです。

 

 

このことを簡単に説明しますと、

”問1”の場合は「50%の確率で何も手に入らない」

このようなリスクを回避し「100%の確率で100万円を手に入れる」

このように考えられるのです。

 

”問2”の場合は「100%の確率で100万円支払う」

このような確実な方法を回避し「50%の確率で全てを免状される」

このように考えられるのです。

 

 

このような考え方が、

”プロスペクト理論”なのです。

 

 

 

あなたが、FXで損失を出してしまったのならば、

その損失を取り返したくなることは「当たり前」のことなのです。

 

 

その「当たり前」をFXでも「当たり前」に、

行ってしまってはFXでは勝つことはできないのです。

 

 

当たり前に行動していては、

自然に”損大利小”になってしまうのです。

 

 

ですから私たちがFXで勝つためには、

自分の本能や心理を学び、FXで勝てるために例え「自分の本能や心理と反対の苦しい選択」でも、

積極的に苦しい選択をしなければならないのです。

FX業者のストップ狩りの真実

??????????????????????

みなさんは「ストップ狩り」と言う言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

ストップ狩りとは、

FX業者が私たちの逆指値注文で設定している損切りを、

レートがその損切りの逆指値注文になっていないにも関わらず、

FX業者がポジションを決済してしまうということになります。

 

 

このようなことは、

実際にあると言われてきました。

 

 

しかしその割合は、

昔よりは減ったと思いますし、

そのような理由で、FX業者を憎んでいても仕方がありません。

 

FXは直接私たちがトレードしているようですが、

業者が仲介しているために実際は業者との取引と言っても過言ではないのです。

 

ですから、このようなことができますし、

「ストップ狩り」と呼ばれるようなことが起きているのです。

 

 

しかし、このようなリスクを踏まえたうえでのFXですし、

その業者を選んでトレードしている以上、

すべての責任はあなたにあるのです。

 

 

損切りが意図的に行われたとしても、

そのことを全て踏まえてのFXなのです。

 

勝っているトレーダーと負けているトレーダーが、

同じ業者を使ったとしても、条件は同じですし、

負ける理由にこのようなことを言うのは間違っているのです。

 

「トレードで負けたから」と言って、

その責任を自分以外に求めてはいけませんし、

それではいつまでたっても負けトレードを受け入れることはできないでしょう。

 

 ・FX業者が悪い

 ・ストップ狩りにあったから負けた

 ・自分のせいではない

 

このようなことをいつまで言っているつもりですか?

 

 

そろそろこのようなことを言うことはやめにしませんか?

 

 

FXの責任はすべて自分にありますし、

ほかの誰でもありません。

 

FX業者があなたに「FXをやれ」

このようなことは一言も言っていませんし、

すべてあなたの意志で行動して、

FXを行っているのです。

 

 

その自分の行動に責任をもたなければなりませんし、

その責任を認めなくてはいけないのです。

 

 

厳しいようですが、これが現実です。

 

私が厳しいのではありません。

 

世の中が厳しいのです。

 

ですから私たちは、

それなりのリスクを受け入れてトレードしなければなりませんし、

そのリスクを踏まえたうえで、

トレードで利益を出していかなければならないのです。

 

もし仮にこのようなことが、

不満に思って裁判などを起こしたとしても、

私たちが勝つことはないでしょう。

 

 

 

しかし現在でも、

レートを寄せるようなことは、

行われていると聞きますし、

業者選びは注意して行わなければいけません。

 

 

私たちには、

優良なFX業者を選ぶことしか、

今の段階では”有効な打開策”はありませんし、

それしか方法がありません。

 

ですからみなさんにもFX業者は、

注意して選んでいただきたいですし、

気を付けていただきたいです。

 

もしも、どのFX業者を選べばいいのかわからないのでしたら、

私のランキングを参考にしていただきたいです。

 

おすすめFX業者ランキングはこちら

 

どの会社も私が自信を持って”優良な会社”と胸を張って言える会社ですよ。

自分に合ったFX業者の選び方

pixta_6721204_S

みなさんはFX業者をどのようにして決めていますでしょうか?

 

業者選びは、FXを行ううえで、

とても”重要”なのです。

 

またFXを始めて間もない方は、

「どの業者を選んでも変わらない」

このように思われる方も多いのですが、

実際はそんなことはありませんし、

とても重要なことなのです。

 

 ・保証 

 ・スプレッド

 ・使いやすさ

 ・安定性

 

そして、業者選びでは上記のことが、

重視されます。

 

 

今回は、わからない方のために「自分に合ったFX業者の選び方」について説明させていただきます。

 

 

保証について

 

FXを行うには、業者にあなたの大事な資産を預けなければなりません。

「その大事な資産を万が一のときに”全額保証”してくれる」ものです。

そして、その全額保証してくれることを、

「全額信託保全(ぜんがくしんたくほぜん)」といいます。

 

まずは、この”全額信託保全”なのか確認していただきたいです。

 

そして、この全額信託保全の中にも、

種類がありますので、必ず確認していただきたいです。

 

万が一は起こり得るから”万が一”なのです。

 

 

 

スプレッドについて

 

FXを行っていると、取引画面に2つのレートが表示されています。

この2つのレートの差を「スプレッド」といいます。

詳しくはこちら

このスプレッドが小さければ小さい程トレードする際に、

「コストが少ない」ことになります。

 

当然余計なコストは少なければ少ない程、良いです。

 

しかし、注意していただきたいのが、

コストが安いと、サービスが良くない可能性が出てきます。

 

そこの部分を注意していただきたいです。

 

 

 

使いやすさについて

 

 

私がFXを始めた頃は、

使いやすさを重視していました。

 

しかし、FXを行っていくうえで、

使いやすさだけを重視していてもいけないことに気が付きましたし、

業者選びにもっと重要な部分があることをしりませんでした。

 

ですが、トレードを行う以上”使いやすさ”は、使いやすければ使いやすい程良いです。

 

しかし、あくまでも「おまけ」程度に考えていただければ構いません。

今は、どこの業者も”使いやすい”です。

 

ですから、保証やスプレッドなどの重要な部分を気にしつつ、

”使いやすさ”を気にしていただければ幸いです。

 

 

 

安定性について

 

 

あまり「安定性」と言われてもあまりピンとこない方もいるかもしれません。

しかし、FXはリアルタイムでトレードするので、

”安定性”は欠かせないものなのです。

 

そして、一言に「安定性」と言っても種類がありますので、

まずは、そちらを説明します。

 

 ・スリッページ

 ・サーバーの安定性

 ・スプレッド固定

 

上記の「安定性」がありますが、

まずは、スリッページから説明します。

 

先ほど”スプレッド”について説明しましたが、

そのスプレッドは、急激なレートの動きによって、

「すべる」のです。

 

詳しくはスプレッドの記事にまとめてありますので、

そちらを見ていただいたら幸いです。

 

そして、業者の中には、

「すべらない」業者も存在しますので、

その部分も確認していただきたいです。

 

 

そして次に、サーバーの安定性について説明します。

 

FXはインターネットを使って取引します。

このことについては、みなさんもご存じかと思われます。

 

しかし、あなたがトレードしている途中にサーバーがダウンしてしまい、

「トレードができなくなってしまった」

このようなことにもなりかねません。

 

もしも、あなたがポジションを保有したとして、

それが「損切り注文を出す前でしたらどうしますか?」

万が一の場合は大損してしまうかもしれません。

 

このようなことからもサーバーの安定性は重要なのです。

 

 

そして次に、スプレッド固定について説明します。

 

多くの業者が、スプレッド変動するのですが、

スプレッドが”原則固定”の業者が存在します。

 

この”原則固定”はすばらしいです。

 

しかし、どんなときでも「固定」ということではありませんので、

やはり、急激なレートの変動が予想される場面でのトレードは控えていただきたいです。

 

 

 

 

このようにFX業者ごと特徴が違いますし、

自分のスタイルやトレードに合った業者を選んでいただきたいです。

 

 

このFX業者選びは、何度も言いますが、

「とても重要」なのです。

 

そして、この業者選びから、

FXは始まっているのです。

 

 

ひとそれぞれ好みは違いますし、

どれを選んでも全ての責任は自分にあります。

 

ですから、慎重に業者を選んでいただきたいです。

 

 

そしてなおかつ、以下のように迷っている方もいるかもしれません。

 

「デイトレはこの業者がいいけれど、スイングトレードはこの業者がいい」

 

このような場合は「使いわければ」いいのです。

 

 

私自身トレードによって業者を使いわけていますし、

”1つの業者を使わなければならない”

このようなことはありませんので、

ぜひあなたのニーズに合った業者を選択していただきたいです。

 

 

そして私は、さまざまな業者を使ってきましたので、

これからFXを始める方よりは、

”先人”になります。

 

ですから私の意見を聞き参考にしていただければ幸いです。

FXの税金について

Pensive female

みなさんのほとんどの方が、給与所得の方がほとんどではないでしょうか?

そして、その給与には”税金”が引かれているかと思います。

 

税金は国民の3大義務のひとつです。

国民の3大義務を知らないと言う方は、覚えておきましょう。

教育、勤労、納税

この3つになります。

 

ですからみなさんも、FXで稼いだらちゃんと納税しましょうね。

税金は稼いだ額に応じてどうしても払わなければいけません。

 

「黙っていればばれない」と思っている人もいるかと思いますが、

FX業者は国とつながっているので、

ばれないなんてことはありません。

 

また、もしばれてしまうと追加課税で結局もっと税金を支払うことになります。

税金を少なくしたければちゃんと適切な額を納めなければいけません。

 

FXで脱税と言えば、

FX界の女王、池辺雪子さんという方がいますので、

お話ししたいと思います。

 

彼女は、8億円をFXで稼ぎそれを申告しませんでした。

1億4千万円を脱税したとして、2007年に東京国税庁が告発し

東京地裁で有罪判決を受けました。

 

 

このような事件も過去にありますので、みなさんも税金はちゃんと納めましょう。

 

 

では、どのくらいFXで稼げば課税対象者になるのか説明します。

 ・給与所得がある方で、FXの所得が年間20万円を超える方

 ・給与所得がない方で、FXの所得が年間38万円を超える方

 このような方がFXの課税対象者になります。

 

そして、どのくらいの税率がかかるかと言いますと

2012年1月1日から”一律20%”になり。

2013年から復興特別所得税が付加されて、

合計20.315%になります。

 

 

2011年までは年間の所得が、

195万円以下の方は、所得税5%+住民税10%=15%

195万円超~330万円以下の方は、所得税10%+住民税10%=20%

330万円超~695万円以下の方は、所得税20%+住民税10%=30%

695万円超~900万円以下の方は、所得税23%+住民税10%=33%

900万円超~1800万円以下の方は、所得税33%+住民税10%=43%

1800万円超の方は、所得税40%+住民税10%=50%

 

このような税率でした。

年間の所得というのは、給与+FXの利益の合計を

年間の所得としています。

 

なので今現在はだいぶFXにおける税金面はとても優遇されています。

 

また、利益に対しての課税なので、累進課税の所得税とも比べてもかなり安いです。

以前はFXで稼げば稼ぐほど税率が高くなり、

給与所得があるならばそれと合算して高い税率で税金を納めなければいけませんでした。

現在は申告分離課税なので、とても優遇されています。

 

 

申告分離課税とは

給与所得に対する税金とFXで得た所得のそれぞれの税率で税金が

かかると言う事になります。

 

そして、FXで100万円の利益があり先物取引で50万円の損失があった場合は、

両方の利益を足した「損益通算」と言うのですが、

この上記の場合ですと50万円に課税と言う事になります。

 

改正前はこの100万円に課税されていました。

実際の利益は50万円なのに・・・・・・

 

 

ですが、2012年から損益を過去3年間分の合計に、

税金がかかります。

 

まず、2012年に100万円の損失を出したとします。

そして、2013年に100万円の利益を出せば、

この100万円は課税対象にならない」と言う事です

 

そして、その期間が過去3年間ということになります。

 

 

FXは、税金がとても優遇されています。

そして、サービスなどもどんどん優遇されています。

 

ですから今FXを始める人は、とても私なんかよりも優遇されています。

ですから頑張って稼いでしっかり納税してください。

 

そうすることができれば、あなたが望む未来がきっと待っていますよ。