利食いについて

利食いがどうしても伸ばせないことをプロスペクト理論から考える

pixta_9227085_S

FXにおいて利食いは永遠の課題かもしれません。

 

そして、利食いが伸ばせないことは、

トレーダーにとってとても致命的です。

 

勝つはずのトレードで利益を伸ばせなければ、

トータルで勝てるものも勝てないのです。

 

 

そして多くの方が、

利食いを伸ばせず苦労しているのかもしれません。

 

 

しかしそのことは、

当たり前ですし”理由”があるのです。

 

 

ではその理由について説明します。

 

みなさんは”プロスペクト理論”この言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

 

プロスペクト理論は、

同じ条件を提示されても人間が状況によっては答えが異なることを表しています。

 

簡単に説明すると、

・利益を目の前にすればその利益を失うことを恐れ、確実に利益を取るように考える

 ・損失を目の前にすれば例え確実に損失を半分にできるとしてもそのすべてを回避しようと考える

 

プロスペクト理論について詳しくはこちら

 

 

あなたは利益がでるとすぐに利食いしてしまい、

利食いが伸ばせないこのような悩みを抱えていませんか?

 

 

利食いが出ているとその利益を早く決済がしたくてしたくて仕方がないのです。

 

FXは損切り以上に利益を伸ばすことが、

”損小利大”になり、

トータルで利益を出すために必要になります。

 

 

しかし、多くの人が利益を伸ばすことができませんし、

単純に”待てない”のです。

 

 

みなさんも以下のようなことがありますでしょうか?

・もう少し利益を伸ばさなければならないが安心を手に入れるために決済してしまう

 ・利食いがなかなか伸びないので”うずうず”してしまう

 ・利食いが出るとすぐに決済してしまう

 

 

このことは当たり前なのです。

 

私たちの本能や心理がそうさせるのです。

このことにプロスペクト理論が当てはまるのです。

 

「利益が出るとその利益を失いたくない」

このようにごく自然に思ってしまいますし、

あなたが思わなくてもそのように感じてしまうのです。

 

 

しかし、そこで利食いをしてしまえば、

利小になってしまいますし、

利食いを伸ばせないのです。

 

 

利益が出るはずのトレードで、

利益が望めなければ勝てるトレードも勝てませんし、

頑張って損切りをして、損失を最小限にしている意味までもなくなってしまうのです。

 

このことは、損切りできないのと同じくらい

トレーダーとしてはやってはいけませんし、

多くの方がトータルで利益を出せない原因になっています。

 

 

 

確かに、目の前の利益を誰も失いたくはありませんし、

いち早く利食いして安心を手に入れたいです。

 

勝ちトレードが負けトレードになることなど、

あってはいけません。

 

・どんなにつらくても

 ・どんなに安心できなくても

 ・どんなに待てなくても

 

私たちは、自分の欲望のままに

トレードしてはいけませんし、

”我慢”しなければならないのです。

 

 

ではなぜ我慢しなければならないのか?

 

 

それは勝つためです。

私たちは、目の前の安心を手に入れるためにトレードしているわけではありませんし、

目の前の小銭を手に入れるためにトレードしているわけでもありません。

 

トレードで継続的に勝って、

あなたの夢や目標をかなえるためではありませんか?

 

 

そのためには苦痛を味わうかもしれません。

とてもつらいかもしれません。

 

しかし、その苦労を乗り越えてこそ

あなたの望むものがありますし、

手に入れたいものがあるのではないでしょうか?

 

 

”プロスペクト理論”このことは、

私たちトレーダーにとっては、

とてもやってはいけないことなのです。

 

プロスペクト理論は、

いわば「トレーダーの禁忌」なのです。

 

 

ですから、プロスペクト理論がやってはいけないことだとわかったのならば、

もうあなたがやらなければいけないことは

あなた自信がよくわかっていると思いますし、

その答えをどのようにすればいいのかもわかっているはずです。

 

 

しかし、わからない方のために言いますが、

プロスペクト理論の反対のことをやっていただきたいです。

 

 

そうすることができるのならば、

利食いを伸ばすことができますし、

損小利大にもなりますよ。

 

 

あなたならきっとできる。

利食いの幅を考える方法

businesswoman with graph on the flipchart

FXで利食いはとても難しいことです。

 

そして、その幅をどのようにして決めればいいのか?

この問題に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか?

 

この幅は人それぞれの感覚も違いますし、

トレードする方法も違います。

 

いろいろなことが違いすぎて、

残念ながら明確な“答え”はないのです。

 

ですから、自分自身で悩まなければいけませんし、

あなたが答えをださなければならないのです。

 

 

しかし、どのようにして答えを出すのかはわかりますし、

私が答えを出した方法はお伝えできます。

 

私が言えること、伝えられることは伝えていただきたいですし、

その中からあなたの役に立てれば幸いです。

 

 

では、まず利食いの幅を考える前に、

利食いでやってはいけないことを考えてみましょう。

 

そうなのです。

 

「利小」になります。

 

この利小は、

少なからず勝っているので、

負けることよりマシに思えるかもしれません。

 

しかし、ここに大きな落とし穴があるのです。

 

トレードと言うのは、

トータルで考えます。

 

トータルで利益を出すことを考えるのです。

 

 

今回利小で終わってしまったトレードは、

本来ならば、利益をとれていたはずのトレードなのですし、

利益を生み出したトレードになります。

 

言い方を変えてみれば、

「勝ちトレードがなくなった」と言うことになります。

勝率の高い方は別かもしれませんが、

数少ない勝ちトレードがなくなってしまったのです。

 

 

例えば、勝率が33%のトレード手法で、

リスクワードレシオ(平均損益の割合)が1:3だとします。

 

3回に1回は勝つトレード手法になり、

その1回の勝ちトレードで、負けトレード分を補うことになります。

 

 

では、もしもこの本来ならば、

勝つはずのトレード、利益の出るはずだったトレードで、

利益が出なかったらどうでしょうか?

 

3回に1回の勝ちがなくなります。

しかし、3回に2回は損切りするのです。

この損切りすることには変わりはありません。

 

つまり、その損切り分を補ってくれる、

利益がなくなりますので、

損切り分マイナスになってしまうのです。

 

 

この損切り分を取り返すことは、

とても大変なのです。

 

その勝ちトレードのために損切りしているにもかかわらず、

その勝ちトレードがなくなってしまうのです。

 

 

ですから、利小と言う行為は、

一見そこまで悪くなさそうに見えるかもしれませんが、

とても悪い事ですし、

トレーダーがやってはいけないことなのです。

 

頑張って損切りしている苦労もなくなってしまいますし、

損切りすることの意味、トレードすることの意味さえも無くしてしまう可能性があるのです。

 

 

ですから「利益が伸ばせず利小になってしまう」と言うことは、

とてもやってはいけないことですし、

事実上の”損失”なのです。

 

このことを覚えていただきたいですし、

危機感をもって全力で改善するようにしていただきたいのです。

 

 

でもなかなか利益を伸ばすことは難しいです。

 

どうしても早く決済してしまって「楽」になりたいと思いますし、

安心を手に入れたいと思っても仕方がありません。

 

しかしそこで「楽」を手に入れてしまっても、

その場はいいかもしれませんが、

後々後悔しますし、

後々つらくなってしまいます。

 

ですからその部分だけは、

「楽」をしないでいただきたいですし、

どうにか我慢していただきたいです。

 

 

 

利食いを伸ばすのがどうしても苦手なには、

分割決済をおすすめします。

 

分割決済についてこちら

 

分割決済をすることによって、

私は、利食いが上達することができましたし、

利食いを伸ばすための自分の中の”答え”を、

見つけることができたのです。

 

 

では、そのことを踏まえたうえで利食いの幅の考え方を説明します。

 

ある程度慣れてきてしまえば、

相場の状況によって利食いする幅を変更することもできますが、

なかなかそう簡単にはできません。

 

 

ですから始めのうちは、

機械的にリスクワードレシオで1:2以上になるように、

利食いの幅を決めてもらうほうが、

利食いを伸ばせますし、

トータルで勝てるようになる確率を上げることができます。

 

このことに慣れてくれば、

適切な利食いの幅が何となくわかってきます。

 

結局経験しかありませんし、

「慣れ」なのです。

 

数をこなすことしか、

解決方法はありませんし、

一番効果的な方法なのです。

 

 

ですから、損切りが10Pipsだったのならば、

利食いを何があろうと、

20Pipsは取るようにしていただきたいです。

 

機械的に損切りの幅の2倍を利食いするようにしていただきたいです。

 

勝率によってことなりますが、

勝率が33%以下の場合は、

損切りの3倍を利益にしていただきたいです。

 

しかし、損切りの3倍の利益を取ることは、

難しいです。

ですから、その前に見直していただきたいのですが、

 ・勝率に改善するポイントがないか

 ・無駄な負けトレードがないか

 

このようなことを今一度確認していただきたいです。

 

 

 

そして、利食いを決めたポイントまで待てる方はいいのですが、

やはり待てない方もいらっしゃいます。

 

私自身待てませんでしたし、

苦労しました。

 

ポジションを保有して、

OCO注文で損切りと利食いの注文を出したのならば、

携帯電話を持たずに家から逃げることもしていましたw

 

 

ですから、何が何でも決めた利食いを取るまで我慢していただきたいのです。

どんな形でもいいので、

無理やりにでも利食いを伸ばしていただきたいです。

 

もしも20Pipsに届かず損切りになっても構わないのですし、

とにかく決めたことを我慢していただきたいです。

 

 

ルールの守られた損切りは勝ちトレード以上の”価値”があります。

 

誰だって利食いを早くしたいですし、

あのドキドキや待ち遠しさは”嫌”です。

 

誰でも”嫌”なのです。

 

しかし、嫌なことも我慢してやらなければいけませんし、

勝つためには待たなければいけないのです。

 

利小にしてしまって、

事実上の損失を出してはいけないのです。

 

損切りをしない、できない、

このようなことと同じくらい、

やってはいけないことなのです。

 

 

 

自分を縄に縛ってでも利小にはしないでください。

決めたことを守ってください。

 

利食いを伸ばす努力をしてください。

 

分割決済と言う方法もありますし、

努力しようと思えばどうにでもなるのです。

 

簡単なことです。

利食いの注文を入れたのならば、

後は何もしなくていいだけの話しなのです。

 

 

そして、利小の原因は全てあなたにありますし、

そのことを自覚しなければなりません。

 

 

ですから「我慢」をしていただきたいですし、

その「我慢」の先には、とてもすばらしいことが待っているのです。

 

あなたならきっとできるようになりますよ。

1番おいしいところを利益にする

businesswoman with board and forex chart on it

みなさんもチャートを使って相場を見ていると思いますが、

通貨ペアごとボラティリティが、

違うことに気づかれているのではないでしょうか?

 

ボラティリティがわからない方はこちら

 

ボラティリティとは、

”価格の変動率”です。

 

通貨ペアごとボラティリティが違うのであれば、

通貨ペアごと1日に価格が動くレートの平均値も違います。

 

 

では、わかりやすく説明するために、

ドル円で説明します。

 

ドル円の1日のボラティリティの平均を1円とします。

平均は、その年やその月によって違いますので、

ご了承ください。

 

平均が1円ということは、

1日に平均で100Pipsレートが動く事になります。

 

平均で100Pipsという事は、

1日に100Pips数は、

”動く”という事が予想できます。

 

 

そして、勝てていない方や初心者の方が、

勘違いしているのが、

1日に100Pips動くからといって、

1日に100Pips数の利益を取ろうとするのです。

 

全部取ろうとすることに無理があるので、

トレードにも無理が生じてしまうのです。

 

 

1日に100Pips動くとするのならば、

利益が取れたとしても50Pips数くらいまでが、

トレードのバランスを考えると限界なのです。

 

相場の格言に、

「頭と尻尾はくれてやれ」

このような言葉がありますが、

まさしくその通りです。

 

この言葉の逆を考えるのならば、

「頭と尻尾はとれない」

このように考えられます。

 

 

ですからおいしい部分だけを狙うのです。

先ほどの1日に100Pips動くとするのならば、

100円から101円という事になります。

 

「おいしい部分」と言うのは、

100.30円から100.80円までの50Pips数になります。

このように1日に100Pips数動くとするのならば、

その間の50Pips数くらいしか、

私たちには利益を狙えないのです。

 

今回の例えは、

デイトレなどの場合に例えられます。

 

 

スキャルピングやスイングなどのトレード方法の場合は、

この例えと異なることをご了承ください。

 

おいしい部分だけを狙うほうが、

リスクが少ないですし簡単です。

簡単に利益をあげられるのならば、

”かんたん”にトレードしたほうがいいのです。

 

 

頭と尻尾は狙うことが難しいのですし、

利益がそこまで見込めない割に、

難しいトレードなのです。

 

ですから、わざわざ難しい部分を狙う必要がないですし、

狙う価値があまり感じられません。

 

 

しかし、1日の平均のボラティリティが1.5円だとするのならば、

1日に狙えるPips、つまりおいしい部分のPips数も増えます。

 

このような事を踏まえてトレードしていただきたいです。

 

 

最後にトレードは、

シンプルかつ簡単に行うものです。

 

仮においしい部分だけしか利益が見込めないと、

少なく感じる方もいますが、

現実的に考えるとそのPips数が最適ですし、

トータルで考えたときに、

そのほうが利益が見込めるのです。

 

 

 

そして、おいしい部分だけを狙ったとしても、

決して利益は少なくありませんので、

安心してください。

 

 

みなさんにもおいしい部分だけを狙って、

おいしい思いをして欲しいです。

利食いを待てるようになるには

pixta_10395087_S

FXは、損小利大と言われていますが、

「損切りはできるようになったけれども利食いを伸ばせない」

 

このような方もいるのではないでしょうか?

 

しかし、なぜ待てないのでしょう。

利食いは伸ばさなければいけないことは、

みなさんわかっているかと思われます。

 

ではみなさんは、どのような利食いのルールをもっているのでしょう?

 

この問いに答えられるのならば、

おそらくすぐに利食いを待てるのではないでしょうか?

 

しかし、多くの方が、

この問いにすら答えられないのが現実です。

 

利食いのルールがなければ待てませんし、

待つ基準がありません。

 

 

それでは、どのように待てばいいのかわからないのです。

 

 

利食いのルールが決められていれば、

そのルールに従うだけです。

 

ルールに従うことが、

結果的に”待つ”ことにつながるのです。

待とうとしているのではなく、

ルールを守ろうとしているのです。

 

ルールを守ることを理解しているのであれば、

当然待てますし、

待たざる負えないのです。

 

 

ルールを作る時点で、

すでに待つことを前提に作っているのです。

待ちたくないのならば、

ルールを変えるしかありません。

 

しかし、それでは利益は伸ばすことはできません。

それでは利益が出ないのです。

 

 

みなさんは、FXをしていることを本当に自覚していますか?

 

 

FXは、勝たなければ意味のない世界です。

「FXをしている」ということに満足していてはだめなのです。

 

FXの知識やそのための勉強をしただけではいけません。

勝つためにその知識を使わなければいけません。

 

頭の中でコレクションするために勉強したわけではありませんよね?

 

「FXをする」ということは、人一倍我慢が必要なのです。

我慢することが好きな方などほとんどいません。

 

人間は弱い生き物です。

弱いからこそ逃げてしまうのです。

 

ですからFXのときだけでいいので、

強い信念、強い志を持ってください。

 

 

利食いのルールを作り、

トレード中はそのルール通りにトレードするしかありません。

それしか私たちにできることはありません。

 

確かに利食いを早く決済して、

安心を手に入れたいのかもしれません。

 

しかし、その目の前の安心を手に入れたところで、

一体私たちに何のメリットがあるのでしょうか?

 

よく考えてみてください。

 

目の前の安心を手に入れ、

その後に安心できないのであれば、

意味がありません。

 

目の前の安心を我慢し、

その後に安心しましょう。

 

安心するのは、利食いをルール通りにできてから、

安心をかみしめ、

そして、次のトレードに備えてください。

 

すぐに切り替えるのです。

いつまでもその余いんに浸ってはいけません。

 

次のトレードに今行ったトレードを引きずってはいけません。

 

トレードとは、そういうことなのです。

自分に厳しくトレードをしてください。

 

自分に厳しくできれば、できるほど、

トレードの成果につながりますよ。

利食いをする際の目安の決め方

??????????????????????

残念ながらFXで利食いに正解はありません。

しかし、自分なりの”正解”は出せます。

 

FXでは自分なりの正解を求めてトレードするしかありません。

 

その正解は、

どの本やどのサイトや教材を探してもありません。

あなたの中にしかないのです。

 

ですから、このことを理解してトレードを行ってください。

 

 

ではその自分だけの”正解”の求め方を説明します。

 

まず、利食いにあらかじめ目標ラインを決めます。

その目標ラインは、

自分のトレード手法で利食いができる許容の範囲で決めてください。

 

そのポイントで利食いできた場合は、

自分なりの限界になります。

 

利食いは、欲張ってはいけませんが、

可能な限り欲張ってください。

 

限界のラインになったら笑顔で利食いしなければなりません。

そのくらい具体的になおかつ現実的なポイントにしてください。

 

わかりやすいように図にしてみましたので、ご覧下さい。

利食い

赤いラインがその自分の限界であり満足のいく利食いです。

 

そしてその下に、

リスクワードレシオ(損切りと利食いの平均の割合)

この比率が1:3もしくは、1:2のポイントで、

”第2の目標”ラインを決めます。

 

できれば、赤いラインまで利益を伸ばせれば伸ばせるほうがいいのですが、

そこまで簡単に相場は動いてくれません、

ですから、2番目に説明したポイントで利食いをするのです。

 

 

正直赤いラインまで順調に利益が伸びてくれることは、

あまりありません。

 

しかし、伸ばせる利食いは、

可能な限り伸ばさなければいけませんが、

その際に注意しなければいけないのが、

欲張りすぎてその利益を取り逃してはいけないのです。

 

 

もちろん第2のラインで利食いした後に、

赤いラインにレートが到達してしまうこともあります。

ですがそれは仕方がありません。

 

正直第2のラインまでレートが到達してくれれば、

利食いしてもいいのですが、

明らかにレートの勢いがいいときや、

順調にレートが利益方向に進んでくれることが、

ごくまれにあるのです。

 

 

そのごくまれに訪れるチャンスをできるだけ多く利食いできるのならば、

多く利食いしたほうが当然ながらいいのです。

 

 

このレートが順調に伸びていってくれるときを判断できるのは、

”経験”になります。

形がきれいなトレンドができているなど、

相場をみているからこそ生まれる感覚になります。

 

 

ですから第2のラインを越え、

順調にトレンドが続かなければ、

さっさと利食いしてしまいます。

 

リスクワードレシオ的には、

合格のラインなので、

あまり考えずに利食いしてしまいます。

 

 

伸びそうならば、伸ばす。

伸びなさそうならば、利食い。

 

もちろん課題は、たくさんありますが、

明確な答えは存在しません。

 

いざとなったときに迷わないためにも、

自分の中の目安をあらかじめ決めておくことによって、

実際のトレードで迷いがなくなります。

 

 

 

FXでトレード中に迷うことは、とても恐ろしいです。

その迷いがすべての歯車のバランスを崩してしまう可能性もあります。

 

自分の利食いのルールを作ってください。

その利食いのルールがあなただけの正解なのです。

 

その正解が分かったのならば、

あとはその”答え”を迷わず実行するだけです。