メンタル

本気で勝ちたい方は以下で学んでください。

無題3

また、以下はお勧め教材になります。なお、これを購入すると私が作った教材が特典として付きます。

マエストロFX

パリス昼豚の5万円FX

 

 

 

下の文字をクリックしていただき、お好きな記事へお進みください。

以下はお勧め口座になります。無料で口座を作るだけで、最大2万円キャッシュバックもらえるためお得です。

DMM FX×あいまいみー 外為ジャパン

トレードの邪魔をしてしまう心理的バイアスとは

a0002_004049_m

FXでトレードする際に邪魔をしてしまう存在があります。

 

それは、「バイアス」です。

 

バイアスとは、先入観で物事を決めつけてしまったり、偏見などになります。

私たちは何かの価値を勝手に決めてしまっているのです。

 

例えば、高級なものは素材がいいと思うことは自然です。

 

「高いものならば安いものよりも素材がいいはずだ」

 

必ずしも高いものが安いものよりも素材などが

いいと言うわけではありません。

 

 

このことはFXでトレードする際にも

当てはまります。

 

 

FXにおけるバイアス

本来ならばロングしなければいけない場面で、

「あのトレーダーはショートしてたな」

「このインディケーター(いつもは見ない)もショートのシグナルを出している」

 

このようなことを思い、

自分のトレードができなくなってしまうことは

勝てていないトレーダーや初心者の方にとっては

よくある話です。

 

 

そして、そのような先入観によりトレードで迷ってしまいます。

 

FXはいかに自分自身を信じることができるのかが

重要になりますので、

そのような先入観ははっきり言って邪魔なのです。

 

 

トレードルールを完璧に守れていない方が、

そのような迷いを感じてしまったら

余計にトレードルールを守れなくなってしまいます。

 

 

 

ですから、トレードではいかに先入観を抱かずに

無駄なバイアスを感じないようにトレードしなければなりません。

 

 

相場は、見方によっては上がりそうにも感じますし、

下がりそうにも感じます。

 

 

どちらにもレートが動く可能性はありますし、

どちらにもレートは動きます。

 

ですから、トレードする際にはレートをニュートラルに

見なければなりません。

 

そして、自分が決めているトレードルール通りに

トレードをするのです。

 

 

問題なのは勝つことや負けることではありません。

 

 

トレードルールをいかに常に守れるかが

重要なのです。

 

 

トレードルールを守れば勝てるのですから、

トレード中はそのルールを守ることだけを

考える必要があります。

 

 

唯一の最善の方法は、

 

余計なバイアスは考えないことです。

 

 

トレードルールを守れば、

負けるときもあれば

勝つときもあります。

 

 

しかし、ルールを守れば

トータルで勝てるのですから、

自身をもってトレードルールを守る必要があります。

 

 

もちろん、トレードルールを守っても

勝てなければ意味がありませんので、

勝つトレードルールを作ることは

必須になります。

 

 

ですから、検証も行いますし、

常にトレードルールを進化させる必要があるのです。

 

 

しかし、この際に注意しなければなりませんが、

トレードルールをやみくもに変えればいいと言うわけではありません。

 

 

微調整などを繰り返し、

トレードルールを進化させる必要があります。

 

 

大幅にトレードルールを変えてもいいですが、

そうなりますと今までのトレードルールとは

別だと言うことを認識する必要があります。

 

 

今までのトレードルールとははっきり分ける必要があるのです。

 

 

 

このようにトレードルールを守り、

トレードで余計なバイアスをいれなければ、

勝てるトレーダーになる可能性は大幅に上がります。

 

 

勝てない時期はとてもつらいものですが、

負けずに自分を信じて信念を貫いてください。

 

 

 

レートを上がるのか下がるのか考えなければトレードで迷わなくなる

Businessman pressing modern business type of buttons

トレード手法通りにトレードすることで、

トータルで勝てるようになるのが、

FXです。

 

 

あなたはトレードルールを守れていますか?

 

 

FXの多くの方がトレードルールを守れていませんし、

その結果一貫性をトレードに持てないことにより、

トレードで勝てていない方が多いです。

 

トレード手法がロングのシグナルを出したとしても”ショート”だと思って迷いませんか?

トレード手方がショートのシグナルを出したとしても”ロング”だと思って迷いませんか?

 

迷ってしまったらルールを破りたくなりますし、

自分のルールを信じれないのです。

 

 

トレード中に迷ってしまったらトレードを信じれませんし、

余程思考や志が高くない限り簡単に破ってしまいます。

 

普通の方では破ってしまっても仕方がないのです。

 

そして、トレードルールがあるのならまだしも、

トレードルールがない方はそれ以前の問題です。

 

確かに、チャートを見て自分の思いどおりにトレードできますので、

迷わないかもしれません。

 

はっきり言って簡単ですし、とても”楽”です。

 

しかし、勝てているトレーダーはその選択肢を選んでいません。

 

常に自分に厳しい、自らにつらい選択肢を選んでいるのです。

 

 

その理由は「勝つためです」

 

私たちは勝つためにトレードを行っていますし、

勝つために厳しい選択肢を進んで選ばなければいけないのです。

 

 

 

そして、ルールがなければ一貫性が全くなくなってしまいますし、

トレードで勝つのは無理でしょう。

 

 

ですから、そのような方はルールを持っていただきたいですし、

今すぐにでも作っていただきたいです。

 

 

 

そして、ルールはあるけれども迷ってしまう方は、

「トレード手法以外で相場の予想」をしないでいただきたいです。

 

このように自分で予想してしまうから、

トレード手法自分に予想が異なると迷ってしまいますし、

迷ってしまったのならばトレード手法通りにトレードできないのです。

 

 

自分で予想しなければ迷うことはありませんし、

トレード手法を信じるしかありません。

 

 

迷うものが始めからなければ、迷いようがないのです。

 

 

最初はなかなかうまくはいきませんし、

自分で予想してしまうでしょう。

 

 

しかし、常に心掛けていれば

必ず迷わないようになりますし、

”迷えない”ようになるのです。

 

 

勝てているトレーダーの多くが

迷いを”我慢”しているのではなく、

迷わない状況を作り出しているのです。

 

 

このことを知らない方が非常に多いですし、

迷わなくする方法がわからなければ、

その対策もできないのです。

 

 ・知らないからできないこと

 ・知っているからできないこと

 

この2つは似ているようでまったく意味が違いますし、

知っているのにできないのであれば

それは自分自身の努力が足りないのです。

 

 

多くのトレーダーがこのことに迷って迷って迷い続けて、

ようやく迷わないようになれるのです。

 

 

初めから迷えない方はいません。

 

ごくまれに天才と呼ばれるカテゴリーの方もいますが、

多くの方が”天才”ではありません。

 

FXは天才が勝てるのならば、

私はもうFXをしていません。

 

FXは努力さえできれば、

全員が勝てるとは言えませんが、

努力をしなければ勝てるようになることはないのです。

 

 

FXは自分との闘いですし、

いかに自分に厳しくできるかがポイントになります。

 

 

そして、自分に厳しくすればする程、

トレードの成果につながるのです。

 

 

人間は弱い生き物ですし、

迷ってしまったのならば、

”楽”な選択肢を無意識のうちに選んでしまうのです。

 

 

ですから、あなたにも”楽”な選択肢を選んでいただきたくありませんし、

常に自分が”つらい”と思う選択肢を選んでいただきたいのです。

 

そうすることができるのであれば

成長できますし、勝てるようになる確率もものすごく上がるのです。

 

 

自分に厳しくそして、ポジティブにトレードをしていただきたいです。

自分の意志だけでルールを守らなければいけない(自己規律)

pixta_10395087_S

「トレードルールを守る」

あなたはルールを作り、

そして、それを守っていますでしょうか?

 

FXではトレードルールを守ることによって、

相場で自分のトレードができますし、

何があっても迷うことなくトレードできるのです。

 

 

トレードルールがなければ

トレードに一貫性を持てませんし、

トータルで勝てるようにはなれません。

 

 

しかし、このことは十分にわかっているけれども、

「ルールを守れない」

このような方がいらっしゃいますし、

実際私自身もルールを守れませんでした。

 

 

トレードする前は、

「ルールを絶対に守る」

このように自分に固く誓ったのにもかかわらず、

いざトレードしてみるとルールを守れない自分がいるのです。

 

 

 

自分では痛いほどわかっているのです。

 

「ルールを守ることの大切さ」

 

このことを理解していますし、

ルールを守らなければいけないことをわかっているのです。

 

 

しかし、守れないのです。

 

なぜでしょうか?

 

 

私は、自己規律に問題があると感じています。

 

 

私たちは、自分で進んでやりたいこと以外のことを、

自分の意志ではできないのです。

 

会社や学生生活を思い出していただきたいのですが、

私たちは教育の過程の段階から上司や先生の命令を受け、

多くのことを行動してきたのです。

 

しかし、嫌なことでも

やらなければいけませんでしたし、

進んでできることばかりではありませんでしたよね?

 

 

では、なぜそのときは嫌なことでもできたのでしょうか?

 

 

それは、上司や先生などの自分よりも上に立つ人間に言われたからです。

 

上司や先生の言うことを聞かなければ、

怒られてしまいますし最悪の場合は、

自分の将来にも影響してしまいます。

 

 

ですから、嫌なことでも行えましたし

行動できたのです。

 

 

しかしFXでは、

上司や先生がいないために”強制力”がないのです。

 

FXでは自分以外の外からの”強制力”がありませんので、

自分自身の意志でルールを守らなければいけません。

 

 

自己規律が求められるのです。

 

 

自己規律がなければ、

目標を達成することもありませんし、

何も変わることができないのです。

 

 

そして、この自己規律は、

高い志や思考がなければできません。

 

 

自己規律によってトレード中にルールを守れますし、

トレード記録を取ることやルールを破る誘惑に打ち勝つことができるのです。

 

 

そしてその自己規律の源となるエネルギーは

「モチベーション」になります。

 

 

いかに自分のモチベーションを維持することができるのかが、

自己規律を強化できますし、

ルールを守れるようになるのです。

 

 

 

あなたは何のためにFXを始めたのか?

何のためにFXで勝ちたいのかを今一度考えていただきたいです。

 

「夢や目標を何が何でも叶えたい」

こう思うことの”覚悟”ができるのならば

高いモチベーション維持できます。

 

その結果”自己規律”が強化され

トレード中にルールを守れるようになるのです。

 

 

ですから、トレードルールを破りそうになったのならば、

今一度原点に戻っていただきたいです。

 

 

 ・あなたがFXを始めた理由

 ・あなたがFXで勝ちたい理由

 

この理由が明確ならば

迷うこともありませんし、

自分の信念を貫いたトレードができるのではないでしょうか?

 

 

トレード中に迷うからルールを破ってしまうのです。

 

自分が決めたルールならば

負けたっていいのです。

 

自分が考えて考えて考え抜いたルールです。

 

 

あとは、自分を信じるだけですし、

トレード中に迷っていてはいけません。

 

自分が考えたルールに自信を持っていただきたいですし、

決めたことをとやかく言っても仕方がないのです。

 

 

事前に決めたことをやるしかないのです。

胸を張って自信を持ってどんな結果であろうと

自分のトレードに自信を持ってください。

 

 

迷わなければルールを破りません。

迷わなければトレードも楽です。

 

迷うから”葛藤”が起きるのです。

 

 

そして、もしもルールをどうしても破りそうになったのならば、

以下のことを自分に問いていただきたいです。

 

 

 ・勝ちたいのであれば、本当にそのままのトレードでいいのですか?

 ・自分に厳しくしなくていいのですか?

 ・それで本当に後悔しないのですか?

 

 

このことをよく考えていただきたいですし、

あなたには頼もしいトレーダーになっていただきたいです。

自分を知ることによってルールを守れるようになる

pixta_3490756_S

あなたはあなた自身のことをどれだけ理解していますか?

 

「自分のことだから自分がよく知っている」

「考えるまでもない」

 

実際にこのように思われている方が多いです。

 

 

確かに自分のことですから

自分がよく知っていますし、

このような当たり前のことは考えたこともないかもしれません。

 

 

しかし、実際私たちは、

自分のことを知っているようで

知らないのです。

 

 

正確には多くの人が知ろうとしていないのです。

 

 

知っているのならば、

 ・なぜルールを守れないか?

 ・なぜ損切りができないか?

 ・なぜ利食いを伸ばせないのか?

 

この質問の答えを明確に答えられますか?

 

 

多くの人が答えられませんし、

答えられたのならば

上記のことができるはずなのです。

 

 

 

何かができないのならば、

それはあなたの心の中に答えは眠っています。

 

 

できない理由の根本を探していただきたいです。

 

その根本さえわかってしまえば、

その根本を取り除くための打開策を行えばいいのです。

 

 

例えば私の場合ですと、

損切りがどうしてもできませんでした。

 

しかし、なぜ損切りができないのかを考えてみたのです。

 ・負けるのが嫌だった

 ・損失を確定するのが嫌だった

上記のことが原因で私は損切りができなかったのです。

 

 

しかし、このように自分と向き合ってみると、

このようなことが原因になっていることも知りませんでしたし、

考えてみて初めて気づくことができたのです。

 

 

そして、この原因がわかった私は、

損切りがマイナスのイメージになっているのであれば、

「そのマイナスのイメージをプラスに考えることはできないか?」

「マイナスのイメージをなくすことはできないのか?」

 

このように考えたのです。

 

 

そこから私は、

損切りに対するイメージを変えることを意識しました。

 

もちろん意識したからといってすぐに変わるわけもありませんでしたし、

すぐに損切りができるようにはなりませんでした。

 

 

しかし、そのことを継続しているうちに

損切りができるようになったのです。

 

 

まだ完璧には程遠いですが、

なんとか損切りができるようになったのです。

 

 

そして、損切りをするときの心境に大きな変化があったのです。

 

 

損切りができない頃は、

損切りをしようと思うととても嫌でしたし、

心の中で”葛藤(かっとう)”がありました。

 

ものすごいストレスでしたし、

胸が苦しくなるような感覚があったのです。

 

 

しかし、今までは損切りする際にそのような感情があったのにも関わらず、

”何も感じなくなっていた”のです。

 

 

損切りを当たり前のように普通のことのように行えるようになっていました。

 

 

今このことを簡単に振り返ってみます。

 

私は「なぜ損切りができないのか」ということを理解し、

その根本を取り除くことができました。

 

そして、その根本がなくなった私の心の中で”葛藤”したくてもぶつかるものが何もありませんでした。

 

心の中で”葛藤”するものがなくなったのですから、

ストレスになることもなく、

気づいてみるとごく自然に損切りができるようになっていました。

 

 

ですからあなたも以下のことをよく考えていただきたいのです。

 ・自分がなぜ損切りできないのか?

 ・自分がなぜルールを守れないのか?

 ・自分がなぜ利食いを伸ばせないのか?

 

この根本的な理由を探してほしいのです。

 

確かに自分の傷口をえぐるような感覚がありますし、

とても嫌です。

 

 

しかし、自分ができないことを自分が知らなければ

解決できるものも解決できません。

 

そしてその根本になっているものを

取り除く努力をしてください。

 

 

損切りが嫌ならば、

損切りのマイナスのイメージをなくす。

 

ルールを守れないのならば、

ルールを守れない原因をなくす。

 

利食いを伸ばせないのならば、

利食いを伸ばせない原因をなくす。

 

このことは人それぞれ違いますし、

あなたのことはあなたにしかわからないのです。

 

 

ですから、あなたが考えて行動しなければ、

誰も解決できません。

 

 

トレードを1週間ぐらい休んでも構いませんので、

自分とよく会話をしていただきたいです。

 

少しトレードから離れることによって、

自分を客観的に見られますし、

自分とは何かを考えてみていただきたいです。