勝つための思考

集中力アップさせてトレードの成果につなげる

businesswoman with colorful 3d graphics

FXでは検証やトレード記録を取る。

またはトレードを行う際に、

集中力が必要になる場合があります。

 

しかし、人間なかなか集中力が都合よくあがりません。

そのような場合に誰でもでき

簡単に集中力をアップする方法を説明します。

 

簡単に集中する方法

集中力をアップする方法は

意図的にコントロールできます。

 

集中力アップする方法を行えば

集中力が上がるということになります。

 

その際に必要な道具があります。

 

用意するもの

・ストップウォッチ

・ダイマー

 

このように時間を計れるものが必要になります。

時間が計れてなおかつ、

タイマーが付いているものが望ましいです。

 

今では携帯電話などのスマホにはタイマーまたは、

ストップウォッチが付いていますので、

そのようなものを利用してもかまいません。

 

やり方

  1. まずFXでやろうとしているものを「今すぐにできる」状態にします。
  2. 5分などの経過がわかるようにします。
  3. あとはタイマーをセットして作業を行ってください。
  4. タイマーがなったのならば作業をやめて軽く休憩をとってください。
  5. この作業を繰り返してください。

 

このように短期的に休憩と作業を交互に行うことで、

ONとOFFをハッキリさせます。

試しに騙されたと思ってやってみると思うのですが、

この作業の5分がいかに短いものだと感じます。

 

 

その結果、「短い時間だから集中してやろう」このように思えるのです。

そして、そのことを繰り返していくうちに

「今の時間だと短いもっと時間を伸ばそう」このように思えてきます。

 

このように思えてきたのならば

初めは5分だった時間を10分などに変えます。

そして、また短く感じてきたら15分、30分、45分

このように時間を増やすことができます。

 

このように集中できる習慣を作れますし、

自分が集中できることを認識することができます。

 

 

ポイント

この方法には2つのポイントがあります。

一つ目は、この方法を行う際は必ず

どんなに短いと感じても休憩を取ってください。

 

この休憩を取ることがメリハリを生み集中力を高めます。

人間はメリハリを付けなければなれてしまいます。

 

それではこの作業と休憩を繰り返す

メリットがなくなってしまいます。

ですから例えば5分作業したら2分休憩を取る。

必ずこのようにしてください。

 

5分作業、5分作業、5分作業ではどこが区切りかわからなくなってしまいます。

 

ですから、必ず休憩を取るということを忘れずに

行っていただきたいのです。

そして、もう一つが作業時間が増えてきたら

それに合わせて休憩時間も増やしてください。

 

この休憩時間を増やすことによって作業をした

ご褒美がもらえる感覚になり、より、集中力がアップします。

 

 

このような方法を取り集中力を上げることができれば、

FXの成果にもつながります。

 

人間は時間があるとどうしても余裕を感じてしまいます。

意識しなくてもその余裕が作業をする気をなくしてしまいますし、

集中力が上がらない原因なのです。

 

「少しの時間だから頑張る」

このように思えます。

 

この少しやることが何かをすることにはとても重要なのです。

ですから、ぜひ少しだけ検証をやる。少しだけトレード記録を取る。

少しだけトレードに集中する。この習慣をつけていただきたいです。

FXの作業のモチベーションを上げるコツ

pixta_7508577_S

FXはときには、検証やトレード記録を取るなどの作業をしなければなりません。

しかし、なかなか人間はモチベーションが上がらないものです。

 

すぐに面倒になり、そのような作業をしなくなってしまいます。

ですから、FXを継続させるためにもモチベーションを上げ、

そのような面倒な作業を行える方法を説明します。

 

おそらく多くの方がモチベーションを上げてから

作業をすると思っていると思うのですが、

実際はそうではありません。

 

正確には作業をするからモチベーションが上がり結果的に作業ができるのです。

 

このことを行動心理学で「作業興奮」と言うのですが、

多くの方がこのことを体験しているのにも関わらずこの事実を知りません。

 

あなたは部屋の掃除などをするときに少し部屋を掃除してみたら気になってしまい、

結局全部掃除をしてしまったなどのことを経験したことがあるでしょうか?

 

このことがその作業興奮になります。

 

人間は何もしていないときは何もしたくないものなのです。

ですから、何もしていないときに何かをしようと考えても

それは人間の心理的にとても難しい行動なのです。

ですから、多くの方がモチベーションが上がらず作業ができません。

 

人間のやる気が作られるのは、脳内の「側坐核(そくざかく)」と呼ばれる、

とても小さな場所になります。

やる気を出すためにはこの側坐核を活性化させなければ、

やる気はでない仕組みになっています。

 

あなたがいくらFXで勝ちたいからと言っても

この側坐核は活性化してはくれないのですから、

当然行動できませんし行動できなくて当たり前です。

 

この側坐核を活性化させ、やる気を出して作業をするには、

とにかく行動するしかありません。

 

どんなにあなたが強く思ったところで無駄なのです。

 

それではやる気はでない仕組みになっているのですから、

やる気がでなくて当然です。

検証やトレード記録を取る際にモチベーションが上がらないときは、

まずは行動してみてください。

 

とにかく何でもいいから行動することが何か作業をするときは重要になってきます。

 

しかし、この際に注意しなければならないことがあるのですが、

簡単なことからやってみることがポイントになります。

いきなり難しいことをやろうとしても考えただけで嫌になってしまいます。

 

 

ですから、なるべく簡単なことから初めてください。

なるべく手を動かすことが側坐核を活性化させるには一番効率がいいのです。

 

FXの検証やトレード記録を取ることが面倒ならば、

まずは、パソコンの電源を付け、

チャートのソフトを開いてみる。

または、検証ソフトがあるのならば、そのソフトを開く。

 

このようになるべく手先を動かして簡単なことから初めてください。

このような簡単なことならとりあえず

行動しようと思いますし、難易度的にも簡単になります。

 

 

手先を嫌々でも動かせば、側坐核は確実に刺激されます。

そうなってしまえばあなたは気が付かないうちに

検証やトレード記録を行っていることでしょう。

 

この仕組みさえ理解してしまえば、

あなたのFXにおける作業効率は飛躍的にアップしますし、

無駄な何も作業をしていない時間を短縮することができます。

 

この作業興奮の仕組みを知っている方と知らない方では

何か作業をするとき大きな違いがあります。

 

 

 

このサイトに足を運んでくれたあなたには、

ぜひFXで何かを成し遂げていただきたいですし、

ただ単に知識を付けても行動しなければ、

それは知識を付けていないのと何の変りもありません。

 

ですから、ぜひ行動に移していただきたいのです。

そして、この小さな積み重ねをコツコツ積み重ねることができた方だけが、

FXの結果が付いてくるのです。

 

そして、もしもあなたがFXでトータルでプラスになり、

利益を少しですが出せたのであれば、もっと努力することができます。

いくらこの仕組みを理解したところで、何年も利益がでなければ、

諦めてしまって当然です。

 

しかし、ある程度して利益が出ればモチベーションはさらにあがります。

 

「この作業を繰り返し、トレードをすればお金につながる」

 

そして、そのお金がの額が大きくなれば

あなたの夢や希望をかなえられるのですから、

少しでもお金つまり、結果が出れば嫌でも

モチベーションがあがるようになるのです。

 

 

確かに、FXの作業は膨大な時間がかかります。

しかし、初めのうちは利益がでなくて当然ですので、

我慢しなければいけません。

 

ですが、頑張れば必ずとは言えませんが、

結果が付いてくるようになります。

結果が付いてくると信じて努力してください。

 

このサイトを見てくれているあなたは私のサイトを見ていない方よりも

私は、FXにおけるセンスがあると思っています。

ですから、そのあなたのセンスを無駄にするのはとてももったいないのです。

 

このモチベーションをコントロールすることを学んだあなたは、

このことを知らないほかのトレーダーよりも、頭一つ抜け出ているはずです。

 

ですから、この作業興奮を上手に利用し、

あなたのトレードの成果につながることを祈っています。

どちらにレートが動いても動揺してはいけない

plasma ball

あなたがトレードする際に必ずポジションを保有していると思うのですが、

ポジションを保有したときどちらに動いて欲しいですか?

 

もちろん多くの方が、利益の出る方向に動くことを望みます。

 ・ロングならば「上昇」

 ・ショートならば「下降」

 

このように利益が生まれる方向にレートが動くことを望むことは当たり前です。

 

私もどちらかと言えば「利益が出る方向にレートが動いて欲しい」です。

 

しかし、私がポジションをどう持とうが、

そのことは相場には関係ありませんので、

「どちらにでも動いてもいい」

このように思っています。

 

「どちらにレートが動くこともありえますし、気にしても仕方がありません」

 

むしろ「どちらにレートが動くのかわからないのですから考えても仕方がありません」

 

 

ですが、多くの方がこのように思えないのも事実ですし、

その結果、ルールを守れないなどの原因になっています。

 

やはり自分のポジションが「利益の出る方向に動いて欲しい」と思うことによって、

レートが損失方向に動いてしまうと”動揺”してしまうのです。

 

その結果、損切りができなかったり、利食いが伸ばせなかったりするのです。

 

「利益方向にレートが動いて欲しい」

この思いが強すぎるのです。

 

 

今一度よく考えていただきたいのですが、

「レートはどちらに動いても同じ」です。

 

 ・10Pips上昇

 ・10Pips下降

 

このことは、相場からすればごく自然な出来事なのです。

 

ただ単にあなたが「ロングしたから上昇して欲しい」

ただ単にあなたが「ショートしたから下降して欲しい」

 

このことは「あなたの都合」なのです。

 

 

ですから、自分の都合を相場に押し付けてはいけませんし、

何のメリットもないのです。

 

例えあなたが、

ロングしたとしてもショートしたとしても、

どちらにレートが動いても動揺してはいけません。

 

あなたがロングしたとしても、ショートしたとしても、

10Pips上昇、10Pips下降、

このどちらも同じ感覚で捉えないといけないのです。

 

ただ単に10Pipsレートが動いた事実だけを受け止めてください。

 

 

そうすることができるのならば、

どのようにポジションを持とうが

レートが動いても動揺することはありませんし、

冷戦な判断で、損切り、エントリー、利食いができるのです。

 

 

この領域を目指していただきたいですし、

そして、領域のことを「ゾーン」と言います。

 

 

しかし、このよう「ゾーン」の領域のように、

考えられるようになることは、

なかなか難しいですし、長い時間をかけて”意識”し続けなければなりません。

 

意識し続けることで”訓練”しなければならないのです。

 

意識し続ければ、人間は必ず変われますし

変われるのです。

 

 

人間は”脳”で考えて行動しています。

 

そしてその考えは、

私たちが普段考えている”意識”つまり、普段思っていること以外にも、

無意識のうちに”脳”が命令しているのです。

 

「潜在意識(せんざいいしき)」この言葉をみなさんはご存じでしょうか?

 

私たちは何かをするときに、

物事を考えなくても行動しているのです。

 

 

例えば、私たちは歩くときに、

「右足を前に動かして次に左足を前に動かして歩く」

このように考えたりはしないのです。

 

無意識のうちに考え行動しているのです。

 

ですから、意識し続ければ、

例え実感がなくても、その行動を”潜在意識”レベルで行動できるようになるのです。

 

 

すぐには潜在意識で行動できないかもしれませんが、

意識し続ければ、そのことを当たり前だと知らないうちに判断できるようになります。

 

FXは「想い」の強さが、

強ければ強い程、勝てるようになるのです。

 

ですから継続して、

そのことを強く「想って」いただきたいです。

勝つためにトレーダーに求められる要素とは

pixta_6476405_S

FXでトータルでプラスにできるようになるには必要なことがいくつかあります。

 

あなたは何が必要だと思いますか?

 

 ・損切り

 ・勉強

 ・客観性

 ・リスク管理

 ・メンタル

 ・思考

 

簡単に考えても上記のことが挙げられます。

 

ではあなたに今一度お聞きしますが、

上記のどれが勝てるトレーダーに必要ですか?

 

答えは「全て」です。

 

トータルで勝つためには、上記の「全て」が必要なのです。

 

このどれか一つでも欠けてしまってはいけませんし、

上記の全てのことがある一定の水準を超えると、

トータルプラスになるのです。

 

 

損切りだけできても勝てるようにはなりませんし、

利食いだけできても勝てるようにはなりません。

 

全てのことのレベルを上げなければいけないのです。

 

そしてその中で、初心者の方や勝てていない方が、

圧倒的にできていないこと、

そのレベルを初めに上げたほうがいいことが、

「損切り」「リスク管理」に過ぎないのです。

 

 

FXでお金を稼ぐことは、

正直言ってとても大変ですし、

厳しい世界です。

 

ですから、FXのプロフェッショナルにならなければいけませんし、

その領域を目指さなければいけません。

 

 

本気にならなければFXでは稼げませんし、

「副業でおこずかい稼ぎ程度の感覚でFXを行っているからぼちぼちやればいい」

このような方もいますが、

正直言いますとそのようなことでは、

なかなか勝てるようになれません。

 

”本気”でFXをやらなければいけないのです。

 

ですからFXを行っている以上、

高みを目指していただきたいですし、

「年収で1億円稼ぐ」

このようなことでいいのです。

 

高みを目指せば、努力できますし、

モチベーションを常に保てるのです。

 

「副業程度でFXを行う」

このような思考でいるから

途中であきらめてしまいますし、

努力しきれないのです。

 

 

ですから、目標を高く持っていただきたいですし、

プロフェッショナルを目指していただきたいのです。

 

そして、トレードにプロ意識を持っていただければ、

質の高いトレードができるのです。

 

 

 

しかし、プロフェッショナルになったからといって、

安心してはいけません。

 

そのプロの領域を維持しなければならないのです。

 

 

例えばスポーツ選手は、

プロになってから本当の意味での”スタート”になります。

 

年齢的な限界が来るまで、

プロでなくてはいけません。

 

プロを維持できなければ

お金を稼ぐこともできませんし、

本当の意味でも目標を達成できないのです。

 

ちなみに以下が、スポーツごとの引退の平均年齢になります。

 ・野球:約29歳

 ・サッカー:約26歳

 ・水泳:約22歳

 ・ラグビー:約29歳

 

みなさんこのことをご存じでしたでしょうか?

 

例えプロのスポーツ選手になれたとしても、

その後の活躍次第で、このような若さで引退しなければならないのです。

 

 

そして、トッププロとして、

活躍している選手はほんの一握りに過ぎません。

 

とても厳しい世界なのです。

 

 

そしてFXも、このようにプロになるだけではいけません。

 

その後プロであり続けなければいけないのです。

 

 

そして、FXは少しの気のゆるみが、

全ての資産をなくしてしまうこともあります。

 

いくら勝っているからといっても

調子に乗ってはいけませんし、

油断してはいけないのです。

 

 

常に高みを目指し、

トレードに改善の余地がないか、

自分自身に改善の余地がないか、

このことを気にしていただきたいです。

 

 

そして、このことを気にし続けられれば、

常にトレーダーとしてのレベルもアップしますし、

成長し続けられるのです。

 

 

向上心を失った時点で、

成長はとまります。

 

危機感を失った時点で、

現状を維持できなくなります。

 

とにかくあなたには走り続けていただきたいです。

私が相場に完璧を求めなくなった理由

FXは相場を完璧に理解してレートの動きを予想する。

 

このように思われがちですが、

実際はそんなことはありません。

 

相場を完璧に理解することなどできませんし、

正直言って無理なのです。

 

「そんなことありえない」

このように思う方もいるかもしれませんが、

本当なのです。

 

 

私もそのことに関しては、

信じることが出来ませんでした。

 

 

しかし、あるとき行ったトレードによって、

相場に完璧はないとわかることができたのです。

 

 

負け続けていた私は、

その負けを取り返そうとしました。

 

しかも、1回のトレードでです。

 

今思うと恥ずかしいですし、

昔の自分が「バカ」でどうしようもないですw

 

 

そして、1回のトレードで全ての負けを取り返そうとした私は、

自分の資金でトレードできるだけの枚数(取引数量)でトレードすることにしました。

 

何が何でも勝ちたいと思いましたし、

自分の全身全霊をそのトレードにつぎ込むことにしたのです。

 

 

まず私が行ったのは、

デモトレードで3敗してからトレードすることにしたのです。

 

そして、ニュースやレポートなどの媒体から

今後の値動きを多数決で予想し、

自分のテクニカル分析と合う方向にトレードするようにしたのです。

 

これがそのときにできる私の全てでしたし、

そのトレードに持てるだけのポジションを持つことにしたのです。

 

 

そしてその結果は・・・・・・

 

 

 

ロスカットですw

 

 

正直全てを出しきってしまい

頭の中が真っ白になってしまいました。

 

 

それから1週間私のやる気や生きる気力がなくなったのは、

言うまでもありません。

 

 

そして、この1週間が終わる頃に、

誰かが言っていた「相場に完璧はない」

この言葉を思い出したのです。

 

その瞬間にその言葉の意味をようやく理解できました。

 

 

「自分にできるだけのことをやりきったし無理なものは無理なんだ」

「始めから無理なものを求めていたから無理が生じてしまったんだ」

 

このように思いました。

 

 

「相場に完璧はない」

 

もうすでにこの言葉を聞いているのにも関わらず

私はその言葉に耳を傾けようとしなかったですし、

その言葉を理解しようともしなかったです。

 

 

正直自業自得でしかありませんし、

人間は失敗から学ぶと言うことを改めて感じさせられた瞬間でした。

 

 

そして、相場に完璧がないことを理解できた私は、

FXで勝つことに相場がわかる必要がないことを再認識しました。

 

 

しかし、全てを出しきってしまっていたのにも関わらず、

「FXをやめよう」とは思いませんでしたし、

1週間の休憩を取った私はもうリフレッシュできていたのです。

 

 

正直自分の立ち直りの速さには、

ビックリしましたし、驚きを隠せませんでした。

 

「こんな重要なことがわかったんだし今やめたらもったいない」

このように思えましたし、

やる気が無性にわいてきたのです。

 

私の中でモヤモヤしていたものが、

なくなりましたしスッキリしたのを覚えています。

 

 

そこからは、相場でわかる瞬間だけトレードすることを心掛けましたし、

そのことで資金をなくしてしまった私は、

デモトレードでトレードすることにしたのです。

 

 

正直言ってかなり遠回りしましたし、

かなりの時間を無駄にしたと感じています。

 

 

しかし、このことがなければ、

私は気づくことができませんでしたし、

結果としていい方向に進んだからいいものも

実際どうなるかわかりませんでした。

 

 

 

FXは、なかなかまわりの言葉を理解するのに時間がかかりますし、

なかなかまわりの言葉を理解できないものですし、

理解しようとしないものです。

 

ですから、このような経験をしているからこそ、

あなたには遠回りして欲しくはありませんし、

無駄な時間を過ごして欲しくはないのです。