勝つための損切り

なぜ多くの人がFXで損失を取り返そうとするのかプロスペクト理論から考える

businesswoman with colorful 3d graphics

FXにおいて損切りは必ず必要になりますし、

トータルで利益を継続的に生み出すにはとても重要なことです。

 

初心者の多くが損切りができませんし、

上手に損切りすることができません。

 

このことは、トレーダーにとってとても致命的です。

 

しかしそのことは、

当たり前ですし理由があるのです。

 

 

 

”プロスペクト理論”みなさんはこのような言葉を聞いたことがありますでしょうか?

 

プロスペクト理論については詳しくはこちら

 

プロスペクト理論は、

同じ条件を提示されても人間が状況によっては答えが異なることを表しています。

 

簡単に説明すると、

 ・利益を目の前にすればその利益を失うことを恐れ、確実に利益を取るように考える

 ・損失を目の前にすれば例え確実に損失を半分にできるとしてもそのすべてを回避しようと考える

 

上記のようになります。

 

このことは、FXではとても重要な考え方になるのです。

 

 

本来プロスペクト理論は、行動経済学から考えているのですが、

これがFXと以外にも深い関係を持つのです。

 

 

あなたは損失を出してしまったときその損失を何としても取り返そうと考えるのです。

 

どうでしょうか?

当たってはいませんか?

 

このことは、当たり前のことですし、

何もおかしな部分はないのです。

 

そして、その損失を取り返すために、

自分の持てるポジションの全てでトレードしてしまい、

最悪の場合、マージンコールやロスカット、

このような事態になってしまうのです。

 

 

しかしこのことは、

先程申しあげた通り”当たり前”なのです。

 

特に初心者の方は、

損失を受け入れることができませんし、

当たり前のように損切りができません。

 

そして、その結果損失を出したことを本能的に嫌い、

当たり前のように取り返そうとして、

余計な損失を出してしまうのです。

 

 

このようなことによって、

多くの人が大きな損失を出してしまうのです。

 

 

私たちは利益よりも損失に敏感なのです。

 

 

ですから、損失を認めることができませんし、

損切りもできないのです。

 

みなさんは、損失を受け入れることができずに、

大きな損失を出してしまったことや、

損切りが遅れてしまうことはありませんでしょうか?

 

 

そして、損失が膨らんでしまい、

「もう少し損失が少なくなってから損切りしよう」

「今損切りしてしまったら負けてしまう」

「利益になるまで待とう」

 

このようなことを思うことはありませんか?

 

確かにこのように思うことは、

仕方がないかもしれません。

 

しかし、このようになったポジションはみなさんその後どうなりましたでしょうか?

 

結局「損切りしておけばよかった」

このように思いませんでしたか?

 

 

FXは損切りがなかなかできなくて当たり前ですが、

そのまま「当たり前だから仕方がない」

このようなことでは済まされないのです。

 

 

確かに、FXでは損失を出すことは避けられませんし、

損切りすることも避けられません。

 

しかし、自分のミスで膨らんでしまった損失を、

そのまま仕方がないで済まさないでほしいのです。

 

 

確かに最初は仕方がないのかもしれません。

 

しかし、FXはミスをお金で償わなければいけないのです。

 

ですから、損失は避けられませんが、

損失が膨らむことは絶対に避けなければいけないのです。

 

 

”プロスペクト理論”を知ったから、

「損失を出すことは当たり前なんだ」

このように済まさないでいただきたいですし、

プロスペクト理論を知ったからこそ、

どうすればいいのかを考えて行動していただきたいです。

 

 

ですから、プロスペクト理論通りに行動してしまっては、

FXで勝てないのならば、

プロスペクト理論の反対の行動を取っていただきたいのです。

 

 

確かにプロスペクト理論通りに行動することは、

当たり前のことかもしれませんし、

何よりも”楽”かもしれません。

 

しかし、そこで楽をしてしまっては、

FXでは勝つことはできません。

 

 

とてもつらいかもしれませんが、

そこで”楽”な行動を取るのではなく、

つらい行動を取っていただきたいのです。

 

 

FXは、つらいことをすればする程、

利益につながりますし、

成長できることを理解していただきたいです。

損切りを復習することによって損失にはならない

pixta_4711234_S

みなさんは、トレードで損切りを行っていると思います。

 

もしも、損切りを行っていない方や

損切りの重要性がわからない方は、

非常に危険なトレードをしていることになりますので、

損切りをぜひ行っていただきたいです。

 

損切りの重要性についてはこちら

 

では、損切りをされている方に質問させていただきますが、

「損切りをした後にその損切りで終わったトレードを振り返っていますでしょうか?」

 

「損切りで終わったトレードを損失のまま終わらせてはいないでしょうか?」

 

 

確かに損切りは仕方がないことですし、

トレードをするうえで避けられません。

 

ですが、損切りをただ単に損失のまま終わらせないでいただきたいのです。

 

自分が損切りになったトレードには、

勝てるようになるためのヒントや答えが隠されています。

 

そして、その答えやヒントはあなたのトレードからしかわかりませんし、

あなたの答えやヒントは私にはわかりません。

 

 

あなた自身にしかわからないのです。

 

 

ですから、損切りにあったトレードを必ず振り返っていただきたいですし、

損切りを損失のまま終わらせて欲しくはありません。

 

損切りを行って、

何もしなければ、その損切りは損失のままです。

 

それ以上でもそれ以下でもないのです。

 

しかし、損切りをしてしまったけれども、

 ・その損切りは計画通りだったのか

 ・その損切りは間違っていなかったのか

確認していただくだけで意味がありますし、

次のトレードにつながるのです。

 

次のトレードにつながると言うことは、

利益につながると言うことになります。

 

そのような試行錯誤を繰り返しながら、

損切りは上達していきますし、

損切りが上達すると言うことは、

利益につながるのです。

 

 

一見完璧にみえる損切りかもしれませんが、

気づいていないだけで、

たくさん改善できるポイントは意外とあるものです。

 

 

ですから、損切りが「本当に完璧だったのか」

このことをよく考えていただきたいです。

 

 

私は心配性でしたし、

損切りがちゃんと行われているのかを

何回も何回も確認しました。

 

今では確認することが

習慣になっていますし、

確認しなければ私のトレードは終わりではありません。

 

その結果損切りが上達しましたし、

損切りが当たり前に行えるようになりました。

 

 

今でも損切りをちゃんと行えていたのかを

確認する時間を必ず設けていますし、

確認する時間がとても必要だと感じています。

 

自分がいつも通りにトレードしていると思っても、

気づかないうちにいつもとは違うトレードになってしまっているものなのです。

 

 

私たち人間は自分の都合がいいように、

無意識のうちに解釈してしまいますし、

知らないうちにいつもとは違うことをしてしまうのです。

 

 

ですからトレード記録を取り、

損切りの記録を取ることによって損切りを損失で終わらせることもありませんし、

自分がいつも同じように損切りできているのかを確認することもできます。

 

ぜひ自分の損切りを振り返っていただきたいですし、

いつも通りにトレードできるようになるように日々心がけていかなければなりません。

損切りするポイントを事前に決めることによって損切りの精度が上がる

pixta_9227085_S

みなさんは、FXにおいて損切りの重要性は理解いただけていると思います。

 

損切りの重要性がわからない方こちら

 

重要性が理解できたあなたにお聞きしますが、

損切りするポイントはいつ決めていますでしょうか?

 ・トレードする前ですか?

 ・トレードしてからですか?

 ・損失を出してからですか?

 ・大損しそうになってからですか?

 

このようなパターンが考えられますが、

正解は”トレードする前”になります。

 

損切りだけに限らないのですが、

トレードする前に全てのことを決めてからトレードするのです。

 

トレードする前に損切りするポイントを決めておくことによって、

実際に、損失が出たときに損切りすることができますし、

計画通りに実行できるのです。

 

 

よく考えていただきたいのですが、

トレードする前に損切りするポイントを決めずに、

実際のトレードで損失を出したときに損切りができますでしょうか?

適切なポイントで損切りができますでしょうか?

 

確かにできる方もいるかもしれませんが、

ほとんどの方ができないと思いますし、

できなくて当然なのです。

 

 ・損切りを事前に決めている人

 ・トレードしてから損切りするポイントを決める人

 

このどちらが損切りを計画通りできて、

なおかつ損切りのクオリティが高いか比べるのならば、

”前者”になります。

 

 

実際このことは、

考えてみてみると当たり前のことですし、

私たちの身の回りのことにも言えるのです。

 

 

例えばみなさんは、

始めていくような場所に出かけるとします。

 

そして、事前に電車やどこを歩けばいいのかを決めて行動するのと、

とりあえず行動してみるのとでは、

どちらが早く、順調に目的地にたどり着けると思いますか?

 

どう考えてみても”前者”になります。

 

 

確かに事前に計画を立てる人と、

計画を立てない人では、

性格によって違うかもしれません。

 

 

しかし、このどちらの性格の人でも、

損切りすることに関しては、

事前に計画を持っていただきたいです。

 

 

デモトレードならばいいかもしれませんが、

私たちは、リアルトレードでトレードを行い、

利益を出さなければいけないのです。

 

実際のお金でトレードして、

損失を出している中で、

損切りするポイントを事前に決めずに、

果たして損切りができるでしょうか?

 

人間は都合よく考えてしまう生きものです。

 

事前に損切りするポイントを決めたとしても、

実際その場面になったら損切りできないかもしれません。

 

事前に損切りするポイントを決めていない方は、

「レートがもう少し上がったら損切りしよう」

「レートがもう少し下がったら損切りしよう」

このように考えてしまうのではないでしょうか?

 

相場では人間は簡単に迷ってしまいますし、

迷ってしまったのならば、

余程の信念がない限り迷わないようにできないのです。

 

迷ってしまったのならば、

多くの方がその場で”楽”な選択してしまいます。

「損切りをしない」

この悪魔の選択肢を選んでしまうのです。

 

それほど私たち人間はもろく、儚い(はかない)ものなのです。

 

 

 

このように迷ってしまうことが原因で、

損切りできなかったり、

損切りするポイントが遅れてしまったり、

最悪の場合損切りするポイントがわからなくなり、

大損、ロスカットなんて事態になってしまうのです。

 

 

事前に計画しているのにもかかわらず、

損切りがその計画通りにできない人がいるのですから、

事前に計画していない人が、

そう簡単に損切りできるものではないのです。

 

 

私自身損切りができませんでしたし、

何回もロスカットを経験しました。

 

しかし、事前に損切りするポイントを決めることによって、

トレード中に迷いがなくなりましたし、

 

「事前に決めたことだから損切りしよう」

 

このように思えるようになりましたし、

徐々にではありますが、

損切りの精度も上がっていきました。

 

 

ですから、損切りを事前に決めることは、

当たり前の行動になりますし、

損切りできるできない以前の問題なのです。

 

ですからみなさんには、

まずは事前に損切りするポイントを決めていただきたいですし、

事前に損切りするポイントを決めることの重要性を理解していただきたいです。

 

そして、精度の高い損切りの数を増やしていただきたいです。

損切りは間違えでもミスでもない

pixta_5664157_S

初心者の方や勝てていない方が、

損切りができない方が非常に多いです。

 

 ・損切りが間違え

 ・損切りは自分のミス

 ・損切りは負ける手法が悪い

 

このように勘違いしている方が多いですし、

間違った認識をしてしまっているのです。

 

 

確かに損切りは、

マイナスの収支になりますし、

負けトレードになります。

 

しかし、そのことが間違え、

自分自身のミスと言うわけではないのです。

 

 

このように根本的な部分で勘違いしている、

間違った認識をしていることが原因で、

損切りができない、損切りをしない、

このような悪循環になってしまっているのです。

 

この根本的な部分が間違えているのならば、

損切りをしようとも思いませんし、

損切りが間違えだと認識してもおかしくはありませんし、

自然な考え方になります。

 

 

このことは非常にもったいないですし、

恐ろしく感じます。

 

この勘違いによって、

自らの成長を止めてしまいますし、

自らの夢や目標をかなえる確率を下げてしまっているのです。

 

 

 

そこの部分の勘違いがなければ、

損切りができてしまうのですから・・・・・・

 

 

その勘違いによって、

 ・負けないトレードを探す(聖杯探し)

 ・負けトレードを認めたくない(塩漬け)

 

このような間違った発想になってしまい、

損切りができなくなり、

大きな損失を出してしまいますし、

最悪の場合は、ロスカットなどになってしまうのです。

 

 

ロスカットになってしまったのならば、

資産を大きく減らしてしまいますし、

FXをまた始められなくなるかもしれません。

 

ですから、そうならないように、

「負けるトレードを最小限にしよう」と言うのが、

”損切り”と言うことです。

 

 

 

FXにおいて損切りはとても重要なことですし、

トータルで勝つためには、必須になります。

 

確かに「勝つために負ける」

この言葉は普通の方からしたら、

矛盾して聞こえるかもしれません。

 

 

みなさんは、お金を増やすためにFXを行っているのにもかかわらず、

そのお金を減らすことが重要だと言っているのですから、

実際おかしな考え方かもしれません。

 

 

ですがFXでは、

この考え方が正しいのです。

 

 

「勝つために負ける」と言っても、

正確にはトータルで勝つために、

負けるのです。

 

トータルで勝つためには、

負けトレードは避けられませんし、

この負けトレードをいかにコントロールするかによって、

トータルで勝つことができるのか、

トータルで利益を出すことができるのかにつながります。

 

 

「損切りは正しい」

この言葉をみなさんも耳にしていると思います。

 

気にしていなかっただけで、

この言葉は、どこかで聞いているのではないのでしょうか?

 

実際に意味が分からなければ、

このように正しいことを認識しているのにもかかわらず、

理解できないですし、

頭に入ってこないのです。

 

無意識のうちに反応しないのです。

 

 

このことは仕方がありません。

私たちが生きてきた環境ではこの言葉を、

自然に「悪いこと」のように認識してしまっていますので、

反応しなくても当たり前のことですし、

最悪の場合は、逆にこの言葉を遠ざけてしまうかもしれません。

 

 

このように私たちの育ってきた環境では、

正しいことがFXでは正しくありませんし、

FXでは間違えていることが、

私たちの常識では正しいのです。

 

このことは勉強して、

真実を知らない限り、

たどり着くことが難しいですし、

FXの”怖さ”でもあるのかもしれません。

 

 

私もこの”真実”に気づけたからよかったですが、

知らないままFXをしていてロスカットになり、

FXから去る可能性も十分にありました。

 

このことを想像するだけで、

鳥肌が立ってしてしまいますし、

このことを私に教えてくれた人に感謝しなければなりません。

 

 

ですからみなさんにも、

この”真実”が伝えられたのならば、

昔の私を救ってくれた人のように自分もなれたではないのかと思います。

納得のいく損切りをすることでトータルで勝てるようになる

pixta_3490417_S

損切りはFXで継続して勝つためには、

必ず必要になりますが、

みなさんはどのように損切りを行っているでしょうか?

 

「ただ単に損切りしている」

このように損切りしている方もいるのではないでしょうか?

 

 

損切りと言うのは、

ただ単にすればいいと言うわけではありません。

 

その意味やその重要性を理解して損切りしていただきたいです。

 

 

しかし、損切りが出来ない方が多い中、

損切りと言う行動をとっているみなさんは、

とてもすばらしいです。

 

確かにいきなり意味を求められてもわからなくて当然ですし、

これからわかっていけばいいのです。

 

意味がわからないから損切りをしないのと、

意味は分からなくても損切りの重要性を何となく理解し、

損切りするのでは大きな差があります。

 

 

損切りの意味や本質がわからなければ、

納得のいく損切りもできませんし、

完璧な損切りもできないでしょう。

 

 

 

そして、損切りを納得のいくものにしていただきたいです。

 

みなさんの多くが損切りをしているけれども、

納得がいってないほうが多いのではないでしょうか?

 

   ・損切りが遅れてしまった

 ・損切りが早すぎた

 ・もっと上手に損切りできた

 

私たちトレーダーは損切りをいかに上手に、

そして、損失をなるべく小さくするために努力しなければならないのです。

 

 

そして、損切りし終わったときに、

「完璧な損切りだった」

「納得のいく損切りだった」

「ナイス損切りだった」

このように思えるような損切りをするようにしなければなりません。

 

このように納得のいく損切りを追及していくことができるのならば、

損切りが遅れることもありませんし、

損切りできないなんてこともなくなります。

 

 

やはり多くの方が損切りを上手にできませんし、

その損切りが上手にできないことによって、

損失を出してしまいFXから去っていってしまうのです。

 

損切りさえ上手にこなすことができれば、

あとは、利益を伸ばせれば、

トータルで勝てるようになります。

 

 

損切りを納得のいくものにすることは、

とても大変です。

 

ですが、継続して納得のいく損切りを心がけていくことができれば、

その納得のいく損切りの割合は、

着々を増えていきます。

 

 

私は、トレード記録を振り返るときに、

損切りしたトレードの中で、

どれだけ納得のいく損切りがあるのかの割合を求めました。

 

「ナイス損切り率」

その割合のことをこのように名づけて呼んでいました。

 

 

その取り組みを始めたばかりのときは、

”10%”と言う情けない数字でした。

 

しかし継続して、

納得のいく損切りを求めていきました。

 

 

納得のいく損切りを求めたからと言って、

すぐに損切りが納得のいくものになるわけではありません。

 

あらかじめ決めていた損切りするポイントになったとしても、

なかなか損切りはできないものです。

 

「ここで損切りしなければ、納得のいく損切りにならない」

このように、わかっているのにもかかわらず、

損切りは上手にできないものなのです。

 

損切り注文を外してしまい、

損切りが遅れてしまいます。

 

 

すぐに納得のいく損切りにはならないかもしれません。

ナイス損切り率は上がらないかもしれません。

 

ですが、そのことは当たり前のことですし、

そういうものだと理解し、

継続して納得のいく損切りを求めていただきたいです。

 

 

常に意識すれば徐々にですが、

ナイス損切り率は必ず上がります。

 

自分を信じてトレードしていただきたいですし、

自分の未来を信じてトレードしていただきたいです。

 

私はあなたの未来を信じています。

 

あなた一人が信じるよりも私とあなたの二人であなたを信じることができれば、

2倍成長できる気がしますよね。

 

 

私も10%から”100%”することができましたので、

あなたにできないはずがないのです。

 

 

とても苦労しましたが、

今では”100%”が当たり前になりました。

 

 

みなさんもナイス損切り率を”100%”にできるように努力していきましょう。