トレードの邪魔をしてしまう心理的バイアスとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXでトレードする際に邪魔をしてしまう存在があります。

 

それは、「バイアス」です。

 

バイアスとは、先入観で物事を決めつけてしまったり、偏見などになります。

私たちは何かの価値を勝手に決めてしまっているのです。

 

例えば、高級なものは素材がいいと思うことは自然です。

 

「高いものならば安いものよりも素材がいいはずだ」

 

必ずしも高いものが安いものよりも素材などが

いいと言うわけではありません。

 

 

このことはFXでトレードする際にも

当てはまります。

 

 

FXにおけるバイアス

本来ならばロングしなければいけない場面で、

「あのトレーダーはショートしてたな」

「このインディケーター(いつもは見ない)もショートのシグナルを出している」

 

このようなことを思い、

自分のトレードができなくなってしまうことは

勝てていないトレーダーや初心者の方にとっては

よくある話です。

 

 

そして、そのような先入観によりトレードで迷ってしまいます。

 

FXはいかに自分自身を信じることができるのかが

重要になりますので、

そのような先入観ははっきり言って邪魔なのです。

 

 

トレードルールを完璧に守れていない方が、

そのような迷いを感じてしまったら

余計にトレードルールを守れなくなってしまいます。

 

 

 

ですから、トレードではいかに先入観を抱かずに

無駄なバイアスを感じないようにトレードしなければなりません。

 

 

相場は、見方によっては上がりそうにも感じますし、

下がりそうにも感じます。

 

 

どちらにもレートが動く可能性はありますし、

どちらにもレートは動きます。

 

ですから、トレードする際にはレートをニュートラルに

見なければなりません。

 

そして、自分が決めているトレードルール通りに

トレードをするのです。

 

 

問題なのは勝つことや負けることではありません。

 

 

トレードルールをいかに常に守れるかが

重要なのです。

 

 

トレードルールを守れば勝てるのですから、

トレード中はそのルールを守ることだけを

考える必要があります。

 

 

唯一の最善の方法は、

 

余計なバイアスは考えないことです。

 

 

トレードルールを守れば、

負けるときもあれば

勝つときもあります。

 

 

しかし、ルールを守れば

トータルで勝てるのですから、

自身をもってトレードルールを守る必要があります。

 

 

もちろん、トレードルールを守っても

勝てなければ意味がありませんので、

勝つトレードルールを作ることは

必須になります。

 

 

ですから、検証も行いますし、

常にトレードルールを進化させる必要があるのです。

 

 

しかし、この際に注意しなければなりませんが、

トレードルールをやみくもに変えればいいと言うわけではありません。

 

 

微調整などを繰り返し、

トレードルールを進化させる必要があります。

 

 

大幅にトレードルールを変えてもいいですが、

そうなりますと今までのトレードルールとは

別だと言うことを認識する必要があります。

 

 

今までのトレードルールとははっきり分ける必要があるのです。

 

 

 

このようにトレードルールを守り、

トレードで余計なバイアスをいれなければ、

勝てるトレーダーになる可能性は大幅に上がります。

 

 

勝てない時期はとてもつらいものですが、

負けずに自分を信じて信念を貫いてください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク