中期移動平均線の75日MAとは:トレンドの転換を予測する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

移動平均線には、

SMAとEMAがあります。

 

この2種類が代表的な移動平均線になるのですが、

あなたはどちらをお使いですか?

 

どちらも素晴らしい移動平均線ですので、

ぜひ、あなたにあった移動平均線を利用していただき、

あなたのオリジナルのトレード手法を考えていただきたいです。

 

 

では、 今回は75SMAについて説明します。

 

SMAの数値は75SMAになります。

 

では、この75SMAがどのような特徴があるかと言いますと、

「トレンドの目安になります」

 

トレンドの目安とは、

この75SMAの上なら上昇トレンド

下なら下降トレンドと判断することができます。

 

そして、この75SMAを突き抜けると、

 ・上昇トレンドから下降トレンドに切り替わった

 ・下降トレンドから上昇トレンドに切り替わった

と判断することもでき、トレンド転換の目安にすることができます。

 

 

また、ダウ理論とこの75SMAを使えばより、

信ぴょう性の高いトレードをすることができます。

 

このような理由からも

この75SMAをトレンドの目安に

使うことができます。

 

わかりやすくするために

下の図をご覧ください。

75sma

青い線が75SMAになります。

 

このようにトレンドが発生している際に、

この75SMAを表示させることによって

トレンドが発生している場合は視覚的に見やすいです。

 

 

このようにきれいにトレンドが発生している場面だけ、

トレンドフォローでトレードを行うようにしていただければ、

リスクの少ないトレードが可能になります。

 

 

また、75SMAは、

比較的意識される移動平均線なので、

この移動平均線の反発を狙ったトレードも可能です。

 

しかし、75SMAで反発したところを予想してトレードするのではなく、

反発したところを確認してトレードしていただければ、

反発を狙ったトレードですが、

比較的リスクの少ないトレード方法になります。

 

しかし、このトレード方法は初心者の方などには、

あまりおすすめできないトレード方法になりますので、

ぜひ、先に検証やデモトレードで75SMAを

使っていただきたいです。

 

 

75SMAはさまざまな使い方があります。

 

75SMAでトレンドを判断してもいいですし、

この75SMAを使ってグランビルの法則などを

利用してトレードしても構いません。

 

グランビルの法則とは

移動平均線を利用したトレード方法になります。

基本的な考えですので、

知らない方はぜひ、利用していただきたいです。

 

このように75SMAの使い方はたくさんあります。

 

いろいろデモトレードや検証ソフトで試して、

あなたのオリジナルなトレード手法を

考えてトレードしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク