中期移動平均線の75日MAとは:トレンドの転換を予測する

移動平均線には、

SMAとEMAがあります。

 

この2種類が代表的な移動平均線になるのですが、

あなたはどちらをお使いですか?

 

どちらも素晴らしい移動平均線ですので、

ぜひ、あなたにあった移動平均線を利用していただき、

あなたのオリジナルのトレード手法を考えていただきたいです。

 

 

では、 今回は75SMAについて説明します。

 

SMAの数値は75SMAになります。

 

では、この75SMAがどのような特徴があるかと言いますと、

「トレンドの目安になります」

 

トレンドの目安とは、

この75SMAの上なら上昇トレンド

下なら下降トレンドと判断することができます。

 

そして、この75SMAを突き抜けると、

 ・上昇トレンドから下降トレンドに切り替わった

 ・下降トレンドから上昇トレンドに切り替わった

と判断することもでき、トレンド転換の目安にすることができます。

 

 

また、ダウ理論とこの75SMAを使えばより、

信ぴょう性の高いトレードをすることができます。

 

このような理由からも

この75SMAをトレンドの目安に

使うことができます。

 

わかりやすくするために

下の図をご覧ください。

75sma

青い線が75SMAになります。

 

このようにトレンドが発生している際に、

この75SMAを表示させることによって

トレンドが発生している場合は視覚的に見やすいです。

 

 

このようにきれいにトレンドが発生している場面だけ、

トレンドフォローでトレードを行うようにしていただければ、

リスクの少ないトレードが可能になります。

 

 

また、75SMAは、

比較的意識される移動平均線なので、

この移動平均線の反発を狙ったトレードも可能です。

 

しかし、75SMAで反発したところを予想してトレードするのではなく、

反発したところを確認してトレードしていただければ、

反発を狙ったトレードですが、

比較的リスクの少ないトレード方法になります。

 

しかし、このトレード方法は初心者の方などには、

あまりおすすめできないトレード方法になりますので、

ぜひ、先に検証やデモトレードで75SMAを

使っていただきたいです。

 

 

75SMAはさまざまな使い方があります。

 

75SMAでトレンドを判断してもいいですし、

この75SMAを使ってグランビルの法則などを

利用してトレードしても構いません。

 

グランビルの法則とは

移動平均線を利用したトレード方法になります。

基本的な考えですので、

知らない方はぜひ、利用していただきたいです。

 

このように75SMAの使い方はたくさんあります。

 

いろいろデモトレードや検証ソフトで試して、

あなたのオリジナルなトレード手法を

考えてトレードしていただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

テクニカル分析とは

順張りの聖杯プラスと呼ばれるトレンドフォローのトレード方法

ダウ理論を利用した利益確定方法

さまざまな重要なチャートパターン

短い時間足に大きい時間足の移動平均線を表示させる方法

システムトレードとは