最強の移動平均線20EMAの設定方法と見方とトレード方法

みなさんは移動平均線を使っていると思いますが、

どの移動平均線を使っていますでしょうか?

 

移動平均線には以下の種類があります。

 

 ・単純移動平均線(SMA)

 ・加重移動平均線(WMA)

 ・指数平滑移動平均線(EMA)

 

そして私がおすすめする移動平均線は、

EMAになります。

 

ではなぜEMAをお勧めするのかを説明します。

 

EMA(Exponential Moving Average)は、

単純移動平均線より直近の価格を重要視する移動平均線になります。

トレンド系のテクニカル指標になります。

 

例えば、20日間のEMAであれば、

20日前の価格よりも直近の日にちの価格を重視していることにより、

単純移動平均線の弱点であった、

反応の遅さを改善した移動平均線になります。

 

 

この20EMAは世界でとても人気の高いテクニカル指標ですし、

ほとんどのトレーダーが利用しています。

 

ですから、みなさんにも使っていただきたいですし、

覚えていただきたいのです。

 

 

相場は生き物のように動きます。

 

ですから、過去の価格を重視するよりも、

直近の価格の動きを重視することによって、

相場の動きを一早くとらえられるのです。

 

 

FXの相場はリアルタイムで動いており、

そして、私たちはそのリアルタイムでトレードしなければなりません。

 

単純移動平均線では遅いのです。

 

私たちは相場の未来を見なければなりません。

 

 

そのためには反応が早い移動平均線つまり、

EMA(指数平滑移動平均線)を見なければならないのです。

 

 

 

では指数平滑移動平均線の数値をどのくらいにしたらいいのかと説明します。

 

”20””21”にしてください。

なぜ「20か21」なのかと言いますと、

1カ月の市場が開いている日が20か21日になるからになります。

 

ですから、この「20と21」という数字は世界中のトレーダーが使用しており、

より多くの市場参加者が、意識している移動平均線になります。

 

ちなみに私は”20”に設定しています。

ですから好きなほうを設定してもらえればいいです。

 

もちもん日足だけでなく1時間足でも期間の設定は”20”で構いません。

 

 

そして、SMAとEMAの違いは、

言葉で説明してもわかりづらいと思われますので、

わかりやすくするために以下の画像に数値をそれぞれ”20”に設定した、

EMAとEMAを表示しています。

20emasma

上記のチャートに表示してある2本の線がSMAとEMAになります。

 

どちらがどちらかわかりますでしょうか?

 

青い線が20EMAになり、

赤い線が20SMAになります。

 

一番の違いがトレンド転換してからの反応の早さになります。

 

よく見ていただければわかると思いますが、

青い線の”20EMA”のほうが反応が早いのがわかるかと思います。

 

 

 

そして、肝心の20EMAの使い方は以下になります。

 

 ・20EMAが、上を向いていれば上昇トレンド

 ・20EMAが、下を向いていれば下降トレンド

 ・20EMAが、横ばいならレンジ相場

 

このように20EMAを使うことによって、

トレンドとレンジ相場を判断できます。

 

 

トレンドフォローでトレードするためには、

トレンドとレンジ相場の判断をしなければなりません。

 

トレンドがなければトレンドフォローでトレードできないのです。

 

20EMAならばレンジ相場のときに、

線が横ばいになりますし、

価格が上下に動いています。

 

わかりやすくするためにその部分だけを拡大して見てみましょう。

20

 

このように青い線の”20EMA”は横ばいになり、

価格を横切っているためにレンジ相場だということが簡単にわかります。

 

しかし、赤い線の20SMAでは、

レンジ相場だということがわかりにくいですし、

リアルタイムで動いている場合は、

なおさらトレンド相場なのかレンジ相場なのかがわかりません。

 

 

このように”20EMA”は、視覚的にもわかりやすいですし、

初心者の方にも使いやすいテクニカル指標になります。

 

 

そして、この20EMAを使っていろいろな通貨を見ていただき、

トレンドが発生していてトレードできるかを判断していただきたいです。

 

 

そして、20EMAのほかにとダウ理論グランビルの法則を覚えていただければ、

トレードする際の基礎的な部分は、ほとんど理解できてしまうでしょう。

 

 

ぜひ上記のことを理解してトレードしていただきたいですし、

あなたのトレードの成果につなげていただきたいです。

海外で積立投資をするとお金持ちになれる

海外には、非課税のオフショアと呼ばれる地域があります。ここでは、非課税で年利10%を複利で積立投資が行えます。FXで利益を出している方でもオフショア投資を行う方は多いです。実際に、私もこのサイトでオフショア投資を行っています。

月々5万円が60歳ごろには1億円以上になるので、今から老後が楽しみです。

年金も貰えるかわかりません。退職金制度も崩壊している以上、自分自身でお金を貯めなければいけないのです。日本の定期預金や積立投資ではお金が増えない以上、海外で投資したほうが賢いですよね。

オフショア投資の教科書であれば、誰でも簡単に無料で海外の積立投資が行えます。入力もたった2分で終わるので、資産運用を検討しているのであれば、こんなに便利なサイトやオフショア投資を利用しない手はありませんよね。

関連記事

テクニカル分析とは

平均足とは

FXの移動平均線の種類とお勧めの数値

RSIとは

フィボナッチ(黄金比)とは

パラボリックとは