00や000の付くレートは意識されやすいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんはチャートを見ている際に、

レートに00や000の付く数字を意識したことがありますでしょうか?

 

実はこのようにキリのいい数字は、

意識されやすいポイントなのです。

 

 ・100.00円

 ・110.00円

 ・111.00円

 

このようにキリがいい数字が意識されやすいレートになります。

そして、このような数字のことを”キリ番”などとも呼ばれます。

 

 ・00ならばダブルオー

 ・000ならばトリプルオー

 

このように呼ばれますので、

覚えておいてください。

 

また、ダブルゼロ、トリプルゼロとも呼ばれます。

 

人によって呼び方はさまざまなので、

呼び方を覚えていただければ、

さまざまな媒体から説明を受けたときに理解されやすいのです。

 

 

 

では、なぜそのような価格が意識されるのか説明します。

 

このようなダブルオーやトリプルオーは「心理的節目」になっているのです。

 

やはりトレードしているのは人間です。

人間が相場を動かしている以上、このようなキリのいい数字は、

”無意識”のうちに意識してしまうのです。

 

みなさんも中途半端なレートならば、

「キリのいい数字まで利益がでたら利食いしよう」

「このキリのいい数字をレートが下回ったら損切りしよう」

 

このように思うことはありませんか?

 

実際このことを多くのトレーダーが思っていますし、

このように単純な話しなのです。

 

 

ですから、ダブルオーやトリプルオーのポイントが、

レジスタンスラインやサポートラインになるのです。

 

レジスタンスラインとサポートラインについてはこちら

 

レジスタンスラインやサポートラインになるということは、

「そのレートが意識されている」と言うことになりますので、

多くのトレーダーの心理戦になると言うことなのです。

 

こちらの図をご覧ください。

 

これはドル円の過去1カ月間のチャートになるのですが、usdjpyh1ダブルナー

”103.00円””102.00円”に赤いラインが引いてあります。

 

青○の部分でレートが支えられているまたは、抑えられていることがわかりますでしょうか?

 

このように気づかないうちにこのようにレジスタンスラインやサポートラインになるのです。

フィボナッチもこのように人間の心理を利用したテクニカルになります。

 

 

そして、キリ番の中でも以下のようなレートが要注意になります。

 ・5円単位の95円

 ・10円単位の100円、110円

特に意識されるポイントになりますので、注意してトレードしていただきたいです。

 

ですから、私たちもダブルオーやトリプルオーを意識してトレードしなければなりませんし、

そのポイントが多くのトレーダーから意識されていると言うことを認識しなければなりません。

 

 

みなさんもこのようにダブルオーやトリプルオーを踏まえてトレードしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ですが、私との約束ですが、

いきなりリアルトレードで使用するのではなく、

デモトレードなどで十分な検証を行ってからトレードしていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク