OCO注文とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

FXではOCO(オーシーオー)注文という注文方法があります。

 

これは、かなり便利な注文方法なので、みなさんも使ってみてください。

 

まずIFD注文は、最初の注文が約定してから次の注文が発動したのですが、

このOCO注文はいきなり2つの注文が発動してしまうという便利な注文方法です。

 

IFD注文についてはこちら

 

まず”OCO注文”の新規注文を簡単に説明していきます。

下の図をご覧ください。

おこ新規

まず今は、○の100円のところです。

 

ここから「上がったらそのままロングしたいし、下がるのだったらショートしたい」

仮にですが、このように考えます。

 

ですが、少しの間レートを見ていられません。

 

ここで”OCO注文”の登場です。

 

 

指値と逆指値を両方出しちゃいます。

出せちゃうのです。

ク――――――――!

 

 

どうも川平慈英ですww

 

 

すみませんw

どうしてもやりたかったのですw

 

 

話しを戻しますが”OCO注文の設定”としては、

まず□の101円で指値を設定して、その次に☆の99円で逆指値を設定して注文します。

 

そうすれば「レートを見ていられなくても上がったらロング下がったらショートできます」

OCO注文を出しておけば、ものすごく便利なのです。

 

 

上記が新規注文の説明になります。

 

次に「OCO注文」でポジションを保有してからの使い方を説明していきます。

 

おこ

新規注文で□の99円で保有しました。

そして今、○の100円のところにいます。

 

今回はレートを見ていられようが見ていられなくても、

この”OCO注文”をしたいと思います。

 

まずは、☆の利益確定”指値”の設定をします。

仮ですが、102円に設定します。

 

その次に、一番大事な損切り注文を”☆”のところで逆指値で設定します。

こちらも仮ですが、98円に設定します。

 

そうすれば今保有しているポジションが上がろうが下がろうが

勝手に決済してくれますので、とても便利です。

 

このOCOに関しては、レートを見ていられようが見ていられなかろうが、

ポジションを保有したら注文する癖をつけていきましょう。

 

すぐには「レートが決まらない」というのであれば、

初めに大体の値に設定して、後から細かく設定していただきたいです。

 

FXは、ポジションがどのように動いても、

決済されるようにしなければなりません。

 

 

レートを見ていられるのならばこのOCO注文をしてから見ればいいです。

そうしなければ例え一回のミスでも、命取りになってしまう世界です。

 

現実は甘くはありません。

「ポジション持ったらすぐにOCO」

この言葉を覚えておいてください。

 

 

ポジションを保有してからの”OCO”の簡単な覚え方は、

 ・利益確定の注文が指値

 ・損切りの注文が逆指値

現に私も最初の頃は、

損切り注文がどちらかわかりませんでしたし、

利益確定の注文がどちらかわかりませんでした。

 

しかし、このように覚えておけば、すぐに思い出せるし覚えると思います。

 

 

OCO注文はとても重宝しますので、

ぜひみなさんも使ってみていただきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Japanese all-rounderJapanese all-rounder

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク