IFD注文とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

おそらくみなさんの中に、

「指値と逆指値の使い方は覚えたけれど、2回も注文出さないといけなし、

ポジションを保有してからすぐに注文できないし不安・・・・・・」

このような方もいらっしゃると思います。

 

「両方だせないの?」

 

 

このように思う方もいると思います。

 

そんなあなたに・・・・・・

 

てれれれってれ~(ドラえもん風)

IFD注文(イフダンちゅうもん)

 

両方出せる注文方法があるのです。

 

このすべってみなさんが冷静になったところを狙って、

”IFD注文の新規から利益確定の注文の使い方”を説明します。

 

IFD注文は、最初の新規注文が約定したら次の注文が、

”自動的”に発動します。

いふだん基礎

今回は、ロングでトレードするとします。

今は、○の100円のところです。

そこで□の99円になったら買いますが、

その後☆の101円で売りたいと思います。

 

まず、99円で指値の買い注文を設定し、

次に指値で利益確定の売り注文を☆の101円で設定しIFD注文を出します。

 

 

そうしたら後は、もうレートを気にする必要はありません。

99円にならなければ新規注文は、約定しません。

その新規注文が約定しないと利益確定の指値注文も発動しません。

 

 

指値、逆指値注文は、期限を指定して設定できますので

・今日だけでしたら”今日中”

 ・今週だけでしたら”今週中”

このような形に設定できます。

 

IFD注文は、指値と逆指値、両方指定できます。

もちろん新規注文が約定していなければ、注文を取り消せます。

次は、新規注文と損切り注文を逆指値で行う説明をしていきます。

いふだん逆指値

 

今回もロングで話します。

現在○の100円のところです。

□の101円で新規で買い注文の逆指値を設定し、

☆の100.7円で損切りの売り注文の逆指値で設定します。

 

そうすれば損失は、限定されます。

 

 

ここで私からみなさんにお願いがあるのですが、

ポジションを確定してから利益確定の指値だけを出した

例えをしましたが、損切り注文をしないことは、

とても危険ですのでやめてください。

 

最悪、利益確定の注文は、レートが上がってくれれば損はしませんが、

損切り注文は出さなければ、損失が限定されません。

ですから、損切り注文を絶対にお願いします。

 

正直な話しFXにおいて利益を出すのは、そんなに大変ではありません。

問題は、この”損切り”です。

いかに損失を最小限に抑えるかがポイントになってきます。

 

初心者の方や勝てていない方は、勝つときは、勝つのですが、

”損切り”がうまくできないがために、利益分を全て失う方もたくさんいます。

 

 

 

とても大事なことなので”損切り”に関しては、耳にタコができるくらいなんども説明していきますので、

ご了承ください。

 

すべては、あなたのために言っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク